モナーコインが高騰してます!

以前の記事で紹介したモナーコインですが、6月21日から<spanclass=”f12em”>高騰しています!

 

私が調べた高騰理由を下記動画で説明しているので、ぜひチェックしてみてください!

 

 

本記事でも予想される高騰理由を共有したいと思います!

 

色々と理由を調べましたが、「半減期」が一ヵ月を切っていることが理由としては最も濃厚だと思います。
(7月中に半減期を迎えるらしいです)

 

この半減期とは、ビットコインなどの特定の暗号資産は発行枚数上限が予め設定されているので、特定のタイミングで新規発行量を減少させる様、予めプログラムで設定されているようです。

 

これにより需要が変わらない状況で、新規供給量が減少すると需給の関係により価格上昇が見込まれる為に、モナーコインが高騰していると仮定してます。

 

半減期以外でもモナーコインの優位性を調べてみたので共有しますね!

 

以前の記事でもお伝えした通りモナーコインは「2ちゃんねる」から生まれた暗号資産で、日本国内のコミュニティと深い繋がりがあると考えられ、既にMonappyというモナーコイン向けのオンラインウォレットサービスがあるようです。

 

他にも漫画購入決済への利用検討や、パソコンショップアークがモナーコイン決済を承認したこともあり利用範囲が拡大しているようです。

 

需要面ではこれらの要素が挙げられますが、個人的にはやはりSegwitに採用されているのは大きいと思っています。

 

暗号資産の主要通貨となっているビットコインもSegwit採用に動いていることもあり、既にSegwitに採用されているのは強みだと思います。

 

しかし!!!!!!!
やはり暗号資産なので不安要素もあります…

 

不安要素としては、第一に暗号資産というもの自体に重大な問題が起きた場合、全ての暗号資産の価格が下落する可能性がありますね。

 

二つ目にモナーコインは日本国産の暗号資産ですが、日本でよくあるガラパゴス化も心配です。
日本国内では便利に使えても世界では利用範囲を拡大できない可能性があると思います。

 

三つ目に暗号資産は現在800種類程度存在するようなので、ある時点で主要な暗号資産以外は淘汰される可能性があると考えられます。

 

暗号資産モナーコインへの投資を検討されている方はぜひ判断材料にしてみてください!

 

毎回お伝えしていますが、暗号資産市場はまだ未成熟な市場です。
今後発展する要素はかなり大きいと思うので、私自身も30種類程度の暗号資産を購入していますが、投資元本が0になる可能性も十分にあると思っています。

 

このような投資には投資金額のコントロールが大事だと思うので、バブル状態だからといって大量に資金投入するのは避けた方が良いと思っています!無くなっても後悔が無い金額がベストです!

 

今からモナーコインを購入するのはどうか?と思う方もいると思いますが、懸念点も多いので答えは「分かりません」としか言えないです…

 

しかし私自身はブロックチェーン技術に期待しているので、今後市場が発展することを願って見守っていくスタンスです!

 

モナーコイン取扱いのZaif取引所はこちらから

コメントをどうぞ

CAPTCHA