モナーコイン(Monacoin)の基本情報

国産の暗号資産として近年有名になってきている「モナーコイン(monacoin)」について基本情報を紹介します。

 

モナーコインは日本の掲示板サイト「2ちゃんねる」内で生まれた暗号資産で、2013年12月23日に公開された日本初の暗号資産です。
翌年2014年1月に現在の形になりました。

モナーコインの特徴(仕様)

暗号資産にはそれぞれ特徴があるので、モナーコインの特徴を確認してみましょう。

 

1. 発行枚数
モナーコインの発行枚数は1億512万枚となっています。
現在最も有名な暗号資産である「ビットコイン」の総発行枚数は2100万枚です。

 

2. 平均ブロック作成間隔
モナーコインのブロック作成間隔は約90秒となっています。
ビットコインのブロック作成間隔は約10分なので、モナーコインはブロック作成頻度が高い暗号資産となります。

 

3. 採掘(マイニング)方法
プルーフ・オブ・ワーク(Proof Of Works)方式が採用されています。
ビットコインも同様の仕様となっています。

 

世界初のSegwit採用暗号資産

モナーコインはSegrated Wriness (Segwit)に採用されたコインとして世の中に認知されました。

 

このSegwitは、ビットコインの「スケーラビリティ問題」を解決することが目的で発表された技術で、ビットコインコア開発者によりリリースされました。

 

スケーラビリティ問題は、ビットコインの取引量が増えた場合にブロックサイズが小さすぎることにより取引の遅延や停止が発生する可能性を指します。

 

その解決策として「取引サイズの圧縮」があり、それがSegwitです。

 

私としても今後モナーコインがどうなるか楽しみです!!
1200MONAのみですが、購入しているので見守っていきたいと思います!
 

モナーコイン取扱いのZaif取引所はこちらから

コメントをどうぞ

CAPTCHA