「暗号資産」タグの記事一覧(2 / 4ページ目)

暗号資産ZIP(Zipper)の買い方や特徴 / 取扱い取引所紹介

アルトコイン情報
ZIPロゴアイキャッチ画像

暗号資産ZIP(Zipper)の基本情報から特徴、買い方まで解説します。ZIPは中国版XRP(リップル)として知名度を上げている中国企業始動の暗号資産で、特徴としてはマルチブロックチェーンや独自ウォレットを用いて異なる暗号資産の交換を可能とします。毎秒トランザクション数が500,000件という驚異的な数値で有名です。

XMで安全な暗号資産取引をしよう/追証なしでレバレッジ取引が可能

暗号資産
XMで暗号資産取引

FXや先物取引などで有名なXM社で安全な暗号資産取引を行えます。XM社で暗号資産取引を行うメリットやデメリットを徹底的に解説しています。最も重要な点としては、追証制度が無く、ゼロカットシステムを導入している点です。これにより入金額以上の借金を背負う事が100%無いことが保証されています。

暗号資産リップル(XRP)が買える国内取引所

取引所
暗号資産XRP(リップル)

暗号資産XRP(リップル)が購入できる国内の取引所を纏めました。BitbankやGMOコイン、Coinchekckのみとなっており、現在XRPを扱ってる国内の暗号資産取引所は非常に少ない状況です。手数料やセキュリティ面について考えた上で取引所を選ぶことをオススメします。

相場の格言集を暗号資産投資に役立てよう

暗号資産
相場の格言を暗号資産投資に役立てよう

相場には様々な格言が存在しますが、その中でも暗号資産投資に役立つものを紹介しています。投資において自身のメンタルコントロールは非常に重要なので、常に頭に入れておいた方が良いものを厳選しました。代表的なものとしては、「悲観で買って楽観で売れ」や「人の行く裏に道あり花の山」などがあります。

暗号資産Polymath(POLY)とは何か / 特徴や取引所での買い方を解説

アルトコイン情報
暗号資産Polymath(POLY)ロゴ

暗号資産Polymath(POLY)について基本情報から特徴、取引所での買い方、今後の動向まで解説します。Polymath(POLY)は資金調達方法としてSTOを推進しており、ICOとの違いはSECなどの規制に準拠した暗号資産トークンのみを発行する事を目的としています。それらトークンをセキュリティートークンと呼びます。

暗号資産のSTO(セキュリティートークンオファリング)とは何か / メリットとデメリットを解説

アルトコイン情報
セキュリティのアイキャッチ画像

暗号資産のSTO(セキュリティートークンオファリング)の基本情報からICOとの違い、メリットやデメリットまでを解説します。STOとICOの大きな違いはSECなどの第三者機関の規制に準拠しているかどうかです。規制に準拠したものをセキュリティートークン、通常のICOで発行されたものをユーティリティートークンと呼びます。

暗号資産のエアードロップ(AirDrop)とは何か / 仕組みからやり方までを解説

アルトコイン情報
Airdropとは? アイキャッチ画像

本記事では、暗号資産のエアードロップ(AirDrop)についてその仕組みからやり方までを解説しています。過去にあったエアードロップの実例や参加することによって生じるリスクなどの詳細もお伝えします。暗号資産でのエアードロップを簡単に説明すると暗号資産トークンを無料で配布する事を意味し、配布方法は発行元によって異なります。

ハッシュレートとは / 暗号資産ビットコイン価格との相関性

暗号資産
ビットコイン価格とハッシュレートのチャート201707-201807

暗号資産のハッシュレートについて、ハッシュレートとは何かという基本的な内容からハッシュレートとビットコイン価格の相関性などの詳細情報までを解説しています。ハッシュレートについて理解するには、暗号資産マイニングやディフィカルティなど様々な用語を理解する必要があるので、しっかりと関連用語についても説明します。

暗号資産Proxeus(プロキシウストークン)の買い方や特徴 / 取扱い取引所紹介

アルトコイン情報
Proxeusのアイキャッチ画像

暗号資産推進国であるスイスのフィンテック賞を受賞したことで有名なProxeus(プロキシウス)のトークンであるXESの特徴や買い方を説明します。XESトークンがTGE案件としてICOされて以来、取り扱っている取引所は現在少ないので、日本から購入する敷居が少し高くなっていますが、徹底的に分かりやすく説明します。

ページの先頭へ