「テクニカル」タグの記事一覧

フラッグとは何か / 見方・使い方 / FXテクニカル

FXテクニカル分析

FXを勉強をしているとフラッグという言葉を耳にするかと思います。これはFX取引で使用する有名なテクニカル分析の一つです。本記事では、フラッグの基本情報から見方、使い方までを説明します。このフラッグですが、三角保ち合い(ペナント)と似たチャートバターンで、ローソク足の形状がフラッグの形になったチャートを指します。

三角保ち合い(ペナント)とは何か / 見方・使い方 / FXテクニカル分析

FXテクニカル分析

三角保ち合い(ペナント)とは、FXで使用される有名なテクニカル分析です。本記事では、三角保ち合いの見方から使い方まで説明します。三角保ち合いは、相場の高値と安値を結んだトレンドラインが徐々に収束していくパターンで、ローソク足が三角形になるチャートパターンです。三角形になるのでペナントとも呼ばれています。三角保ち合い(ペナント)では、三角形になった相場が上下どちらかにブレイクすると、相場が大きく変動するといわれてます。この三角形は相場でよく見かけるものなので、中長期チャートで発見した場合は積極的にトレードを検討してみましょう。

DMIとは何か / 見方・使い方 / FXテクニカル分析

FXテクニカル分析

DMIは「Directinal Movement Index」の略で、パラボリックやRSIを開発したことで有名なJ・W・ワイルダー氏が考案したテクニカル分析です。本記事では、DMIの見方から使い方まで説明します。DMIは方向性を掴む為の指標といわれており、トレンドの強さが分かるトレンド系の分析手法です。DMIが作られた経緯としては、オシレーター系分析手法の欠点を補う為だといわれています。

RCIとは何か / 見方・使い方 / FXテクニカル分析

FXテクニカル分析

RCIは「Rank Correlation Index」の略で、統計学の世界ではスピアマンの順位相関係数という名称の手法です。RCIはオシレーター系のテクニカル分析として基本的に使用されてますが、トレンド系としても使用可能なテクニカル分析になっています。本記事では、RCIの見方から使い方までを説明します。RCIは上下+100%から-100%で表されているテクニカル分析で+/-80%や+/-95%が相場の反転ポイントとされています。通常1本で使用されますが、期間の異なる2本、又は3本の線を使用している人も多く、本数が多いほうが精度が高くなります。

パラボリックとは何か / 見方・使い方 / FXテクニカル分析

FXテクニカル分析

パラボリック (Paraboric) は、トレンド系のテクニカル分析でRSIなどを考案したことで知られるJ・W・ワイルダー氏が発明したテクニカル分析です。本記事では、パラボリックの見方から使い方まで説明します。正式名はパラボリック・タイム・プライスです。パラボリックは、放物線という意味でSAR「ストップ&リバースポイント」と呼ばれるラインがチャートのローソク足部分に表示されます。これによって相場のトレンド転換点を示しています。トレンドの中でも大きなトレンド発生時に使用するのに適していて、相場の値動きとSARが交差した点が売買ポイントとなるので非常にわかりやすいです。

エンベロープとは何か / 見方・使い方 / FXテクニカル分析

FXテクニカル分析

エンベロープは、FXや株式投資で使用される有名なトレンド系のテクニカル分析です。本記事では、エンベロープの見方から使い方まで説明します。エンベロープでは移動平均線からどの程度価格が乖離したかを確認してトレードに生かす手法となります。エンベロープの考え方としては、移動平均線から乖離した価格は、いずれ移動平均線に戻るという考えがもとにされています。

ヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)とは何か / 見方・使い方 / FX

FXテクニカル分析

ヘッドアンドショルダーとは、FXや株式投資などで使用される有名なテクニカル分析です。本記事では、ヘッドアンドショルダーの見方から使い方までを説明します。主に天井圏と大底圏で現れるチャートパターンでトレンド転換点とされています。ローソク足の形が人間の上半身(左肩・頭・右肩)に見えるため、ヘッド&ショルダーと名付けられた分析手法です。天井圏で現れるものをヘッドアンドショルダーズ・トップと呼び、底値圏で現れるものをヘッドアンドショルダーズ・ボトムと言います。日本語でヘッドアンドショルダー・トップは三尊天井、ヘッドアンドショルダーズ・ボトムは逆三尊といわれています。

ダブルトップ・ダブルボトムとは何か /見方・使い方 / FXテクニカル

FXテクニカル分析

ダブルトップとダブルボトムは、FXや株式投資の世界において代表的なチャートパターンの一つです。本記事では、ダブルトップとダブルボトムの見方と投資する際の使い方を説明します。それぞれの特徴としては、ダブルトップは天井圏で発生しやすいチャートパターンで売りのサイン、ダブルボトムは底値圏で発生しやすいチャートパターンで買いのサインといわれてます。ダブルトップ発生後は下降トレンドとなり、ダブルボトム発生後は上昇トレンドになることが多いです。

ダイバージェンス とは何か / 見方・使い方 / FXテクニカル

FXテクニカル分析

ダイバージェンスとは、英語で「相違がみられる」を意味しており、日本語でいう逆行現象となります。FX相場でのダイバージェンスは、オシレーター系のテクニカル分析に見られる現象のことで、あるテクニカル分析と実際のレートが逆に動く状態を指し、トレンド転換サインとして知られています。本記事では、ダイバージェンスの基本的な情報から実際のFX投資での使い方まで説明します。一般的にオシレーター系のテクニカル分析は、トレンド分析に不向きといわれてますが、ダイバージェンスを使用すればオシレーター系でもトレンド転換でのトレードを行えるということになります。

フィボナッチリトレースメントとは / 見方・使い方 / FXテクニカル

FXテクニカル分析

フィボナッチは、レオナルド・フィボナッチと呼ばれる13世紀イタリアの数学者が考え出した数例で、多くの生物の成長パターンが1.618の比率で成長することを元にされてます。自然に美しいと感じられる形は黄金比に当てはまることが多いと一般的に言われていますが、その黄金比を導き出すのがこの数例です。有名なところでは、ピラミッドなど多くの歴史的建造物などは黄金比になっているといわれてます。その黄金比が相場の世界でも適用されるということです。相場は前の動きに対してある一定の比率で押し・戻しの動きをすることが多く、その相場の押しや戻りの目標価格を予測する手法として、フィボナッチリトレースメントを用いることができます。

ページの先頭へ