日経平均株価とは何か

「平均株価」の代表格である日経平均株価は、東証一部に上場している銘柄の株価水準を示す指標で、代表的な銘柄225社の株価から算出されています。

 

日経平均株価は、アメリカのダウ・ジョーンズ社が開発した「ダウ平均株価」の算出方法をベースとして、日本経済新聞所が算出しています。

 

アメリカでの算出方法もとになっている為、昔は「日経ダウ平均」と呼ばれていました。

 

東証一部上場銘柄は何銘柄あるか?

日経平均株価は、1949年以降継続して算出されている最も古い株価指数で、銘柄の見直しも定期的に行われています。

 

日経平均株価で株式市場の全体像を把握できるが、この平均株価はあくまで225社の平均値の為、株式市場全体を100%正確に示している指数ではありません。

 

実際に東証一部上場銘柄は、約2000社あります。

 

より業界毎の精度が高く示されている指標として、東証一部の500銘柄を対象にした業種別日経平均株価なども発表されています。

 

TOPIXとは何か

ニュースなどで、日経平均株価の他に「TOPIX(東証株価指数)」というものを良く耳にするかと思います。TOPIXは東証一部の株価がどれぐらい変動したかを表す指標で、日経平均株価と同様に毎日発表されています。

 

この指数は、1968年4月1日の時価総額を100として、そこからどのくらい現在の東証一部の時価総額が上下したかを表しています。
(時価総額 = 株価に発行済み株式数をかけたもの)

 

計算式は下記のようになります。

対象日の東証一部全銘柄の終値を用いて合計した時価総額 / 基準日の時価総額

 

例えばTOPIXが900ポイントの場合、基準日と比較して時価総額が9倍高いということになります。
このTOPIXはよく「前日比3.12ポイント高」や「前日比3.52ポイント安」などポイントで表されます。

 

時価総額は、市場全体や個別銘柄がどのくらいの規模なのかを表しているものなので、
これにより日本株式市場の現在の状態を確認することが出来ます。

 

市場全体の状況を把握する必要性

株価が決まる背景には様々な要因があります。その為、個別銘柄のみを見て取引をしてしまうと、市場全体の動きを掴めずに損をしてしまう可能性があるので、

 

投資家は市場の全体像を把握することが大事といわれています。

 

投資家の資金は世界中を巡っているので、日本市場から投資資金が去ってしまったことに気が付かずに取引を続けてしまう可能性や逆に多くの投資資金が短期的に流動している状況を見過ごしてしまう可能があります。

 

上記のようなことが起きない様、「平均株価」は常に把握しておくと良いでしょう。
又、日本の株式市場はドル円等の為替レートや米国の平均株価の影響も多く受けているので、日本の株価だけでなく幅広く情報収集するのがベストでしょう。

 

オススメの証券会社

証券会社の選定で悩んでいる人は、楽天証券の口座を開いておけば間違いなしです。
手数料が安く、情報量も多いので初心者から上級者にもオススメです。

特に海外株式への投資を検討されている方にはオススメです。
海外投資のADRも豊富に取り扱っています。

楽天証券