FOMC FF利上げ発表後のドル円・ユーロ動画

米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月14日・15日に定例会合を開き、3月16日AM03:00に追加利上げを発表しました。

フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25ポイント引き上げ「0.75 – 1%」のレンジに設定し、年内の利上げ回数も合計3回としました。

通常米国の金利が上昇すると日米金利差から円安ドル高になるとされてますが、
元々今回の利上げを織り込んで円安に進んでいた為、追加材料がなかったことで円高ドル安に動きました。

下記は、米FRBイエレン議長の会見時のドル円・ユーロドルの動画です。

動画開始時の日本時間:AM02:59
※動画7分30秒のところでAM09:30のチャートに切り替わりますので、会見から6時間後の相場もチェックできます。

私事ですが会見時の取引はタイミングが分からないので、今回取引は行いませんでした…

相当な変動が起きると予想してましたが、やはりわずか5分で114.600から113.680へ1円近く下落しました。
更に朝の時点では113円前半まで下落しています。

現在、米国大統領トランプ氏の経済政策の行方やEU諸国の動向など、多くのマーケット不確定要素がある為、
今後円安、円高のどちらに進行するか中長期の予想は非常に難しいと思います。

その日その日の相場状況に合わせてトレードするよう心がけたいと思っています。