金融取引市場の取引可能な時間を覚えてトレードに生かそう

金融市場は平日24時間動いており、金融商品によっては平日の間休みなく取引を行うことが出来ます。

 

株式市場では取引可能な時間帯が決まっている為、世界三大市場の時差と一緒に覚えておきましょう。ここでいう世界三大市場は、東京証券取引所・ニューヨーク証券取引所・ロンドン証券取引所の三市場を指します。

 

世界の金融取引はこれら三カ所の取引量でほとんど占められているので、FXや株式投資、先物取引などの金融取引を行う人は三市場の情報は常に把握しておくと良いでしょう。

 

下記表は世界三大市場の取引可能な時間等を一つに纏めたものなので、ぜひ活用してください。(冬時間)

金融トレーダー必見 / 世界三大市場時刻表「冬時間」
PDFダウンロードはこちらから

 

世界の株式市場で取引可能な時間

初めに各国の株式市場の取引可能な時間ですが、下記の通りとなります。
日本のみ休憩時間があります。

 

世界株式市場の取引可能な時間帯(日本時間)
日本:09:00 – 15:00 (11:30 – 12:30は休憩)
米国:23:30 – 06:00
ロンドン:17:00 – 01:30

 

各市場のコアタイム

上記表内で黄色に塗られている時間帯が各市場のコアタイムになっています。コアタイムの中でも指標発表の時間は相場が急変する可能性があるので、主要な経済指標が発表される日程は抑えておきましょう。

 

米国の三大指標についてはこちらからチェックしてください。

 

コアタイム (日本時間)
東京:08:00 – 16:00
米国:22:00 – 08:00 (-9h)
ロンドン:17:00 – 01:00 (-14h)

 

金融市場が最も活発な時間帯

上記表内の赤枠で囲われている部分は、為替や商品先物等、様々な金融商品の値動きが激しくなります。

日本時間:22:00 – 01:00

 

これは取引量の多いニューヨーク証券取引所とロンドン取引所の両方が開いている時間だからです。日中にお仕事をされている方などは、この時間帯だけでも十分取引を行えます。

 

ぜひ世界金融市場の取引時間や指標発表日を覚えて、トレードに生かしてください。