PBR(株価純資産倍率)とは

PBRは「Price Book-value Ratio」の略で、株価純資産倍率といいます。

 

PBRは会社の純資産と株価の状態を表しており、PERと同じく株価の割安度を知ることができます。株式投資を行う方であれば、必ず知っておきたい指標の一つです。

 

株価の割安度は、PBRが「高ければ株価が割高・低ければ株価が割安」状態となります。

 

PBRは計算式で求められます。

 

「株価 ÷ BPS(1株当たり純資産)」
「BPS = 株主資本 ÷ 発行済み株式数」

 

純資産は株主資本を示していて、貸借対照表における会社の資本の内、他人資本(借入金)を除いた純粋な自己資本の事を指します。計算式から分かる通り、株価と株主資本の関係でPBRは変動します。

 

株価↑ 株主資本↓ = 割高
株価↓ 株主資本↑ = 割安

 

PBRの基準数値は「PBR=1倍」と言われています。

 

この数値は、その時点での株主の取り分と株価がイコールになっていることを示しており、会社の解散価値と株価が一致しているということになります。
会社が解散することになった場合、先ず会社は借金を返済しなくてはなりません。

 

株主は、その後会社の財産が残る場合のみ持ち株数に応じて財産分配を受けることができます。

 

PBR1倍以下の会社は存在するのか

基本的にPBRは1以下にはならないようになっていますが、PBRが1倍以下の会社が多数存在しています。これは非常に割安状態だといえるかもしれないですが、倒産等の危険性も考慮しなくては危険です。

 

保有している資産を使って新たな資産を生み出す力を会社が備えているかを見るのが「成長力」だとすると、株式投資はその成長力に投資するものと言えるかと思います。その場合、理論上PBRは1倍以上で評価されるのが妥当だといえます。

 

PBRは分母が純資産になっている為、短期的な株価変動や将来的な成長性を反映しにくい指標です。その為、PER(株価収益率)と合わせて使用すると良いと言われています。

 

ここでは、関連のある3種類を一緒に覚えることを推奨します。

 

PBR(株価/BPS)
PER(株価/EPS)
ROE(EPS/BPS)

 

もちろん、株価は非常に多くの要因を元に常日頃変動している為、上記以外の周辺情報もしっかり把握した上で投資を行うと良いでしょう。