ADR(米国預託証券)とは

ADR(米国預託証券)とは「American Depositary Receipt」の略で、ADRの仕組みを利用することによって、通常日本の証券口座からは購入できない外国株を買うことが出来ます。

 

ADRは元々アメリカの投資家が海外企業の株に投資出来るように設けられた証券なので、アメリカを例にして説明したいと思います。

 

仕組みとしては、外国企業の株式をアメリカの信託銀行などの預託機関に預けて、これらを担保にADRといわれる証券をアメリカ国内で発行します。それにより通常の米国株式と同じように外国企業の株式をアメリカ国内で買えるようになりました。

 

日本の証券口座から新興国などの株式へ直接投資は出来ないですが、このADRの仕組みを利用することにより可能となりました。

 

実は東京証券取引所にも、バンクオブアメリカやシティグループなどが上場している東証外国株市場があり、ADRはそれと同じようなものです。

 

日本の代表的な企業も一部ADRとしてニューヨーク証券取引所やナスダック証券取引所に上場しています。

 

どの証券口座からADR取引が出来るか

元々はアメリカの投資家用に作られた制度ですが、日本でも楽天証券やSBI証券はADRに対応しています。

 

日本の証券口座からADR取引を行う場合、ドル建てと円建てを選ぶことができるので、自身の投資スタイルに合わせて通貨選定を行うようにしましょう。

 

最低株数は1株なので、非常に少ない金額で取引が出来るのも魅力の一つです。

 

一般的に投資可能な外国株は少ないように思われてますが、ADRを利用することによって多くの外国株を購入することが出来ます。

 

国の例としては、アイルランド・イスラエル・インド・オーストラリア・オランダ・スイス・スウェーデン・スペイン・ドイツ・フィンランド・ブラジル等、非常に多くの外国企業がADR発行されています。

 

日本の証券会社でADRに強いのは、楽天証券やSBI証券だといわれているのでぜひチェックしてみてください。