FXや株で使用されるチャート分析の王道理論

グランビルの法則を用いたチャート分析では、移動平均線から売買タイミングを判断します。
グランビルの法則は、1960年頃に提唱されてから現在に至るまで50年以上親しまれている分析手法です。

 

移動平均線とグランビルの法則は、アメリカのマイケル・H・グランビルという有名なアナリストによって普及されたもので、為替レートと移動平均線によって、売りと買いのポイントを判断する分析です。

 

非常に古くから伝わる相場分析方法ですが、このグランビルの法則は移動平均線を用いたチャート分析の基本として、FXや株を問わず現在でも世界中のトレーダーに使用されています。

 

プロトレーダーでは、知らない人がいないといっても過言ではないほど有名な分析手法となります。

 

皆さんもご存知の通り、「大衆が思う方向に相場が動き、それに便乗して利益を得る」というのが売買の鉄則なので、グランビルの法則のように「世界中のトレーダーが知っている手法」は確実に抑えておきましょう。

 

グランビルの法則:8つの法則

グランビル氏が提唱した「グランビルの法則」では、移動平均線の取引で8つの売買ポイントがあるということが提唱されています。

 

この8つの売買ポイントは「買いポイントが4つ」「売りポイントが4つ」で合計8つの売買ポイントとなっており、移動平均線の傾きと価格の位置関係に着目し、売買する分析手法です。

 

グランビルの法則 買い法則

下記4つがグランビルの法則での買いポイントとなります。

 

買い法則➀
グランビルの法則 / 買いポイント➀ / テクニカル分析 / FX

 

移動平均線が下落後、横ばい~上向き始めたときにローソク足の終値が移動平均線を下から上に上抜いた時。
主に相場が下落した後に急反発が起こって上昇基調に入る時に見られます。

 

買い法則➁
グランビルの法則 / 買いポイント➁ / テクニカル分析 / FX

 

移動平均線が上昇している際にローソク足の終値が一度移動平均線を下回り、再度上抜く時。(押し目買い)

 

買い法則➂
グランビルの法則 / テクニカル分析 / 買いポイント➂ / FX

 

移動平均線が上昇していてローソク足の終値が上昇している移動平均線より上にある状態で、移動平均線に近づいて下降したが触れずに再度上昇に転じた時。(押し目買い)

 

買い法則➃
グランビルの法則 / テクニカル分析 / 買いポイント➃ / FX

 

移動平均線が下降している際にローソク足が移動平均線より大きく下に乖離した時。(リバウンド狙い)
買いポイント➃は危険な逆張りになる可能性もあるので注意してください。

 

グランビルの法則 売り法則

下記4つがグランビルの法則での売りポイントとなります。

 

売り法則➀
グランビルの法則 / テクニカル分析 / 売りポイント➀ / FX

 

移動平均線が横ばい~下向き始めた時、ローソク足の終値が移動平均線を上から下抜いた時。
トレンドの転換点になる可能性が高く、上昇トレンドから下降トレンドになる初動となるパターンが多い。

 

売り法則➁
グランビルの法則 / テクニカル分析 / 売りポイント➁ / FX

 

移動平均線が下降している際にローソク足の終値が移動平均線を上回り、再度下抜く時。(戻り売り)
主に相場が上昇後に最高値にトライした後に届かずに下落するときに起こる。

 

売り法則➂
グランビルの法則 / テクニカル分析 / 売りポイント➂ / FX

 

ローソク足の終値が下降している移動平均線より下にあり、移動平均線に近づいて上昇したがタッチせずに再度下落に転じた時。(戻り売り)
相場が下降局面にあって、更に下降していくことを示すが、大きく下落した相場は反発する可能性もあるので注意が必要です。

 

売り法則➃
グランビルの法則 / テクニカル分析 / 売りポイント➃ / FX

 

ローソク足の終値が、上昇し始めた移動平均線を上回って、大きく上に乖離した時。(リバウンド狙い)
こちらは買いポイント➃と同じく、危険な逆張りになる可能性があるので注意しましょう。

 

グランビルの法則:売買ポイントのまとめ

上記にて8つの売買ポイントについてイメージがつかめたと思います。下記イメージはすべての売買ポイントのまとめになります。

グランビルの法則 / 売買ポイント纏め / FX

 

オレンジ:為替レート(ローソク足)
青:移動平均線
赤〇:買いポイント
緑〇:売りポイント

 

上記イメージ図の為替レートでは、上昇トレンドから天井をついて、トレンドが反転して下降トレンドになる形を表しています。

 

取引を積み重ねていくにつれて、どれだけ多くの市場参加者がグランビルの法則を意識しているかが自然と分かってくるかと思います。

 

グランビルの法則で提唱される8つの売買法則に関して「知っていて使わない」のと「知らない」のとでは大きな差が出る分析手法なのでしっかりと覚えておくとよいでしょう。

 

グランビルの法則以外にも、移動平均線は相場状況の確認に非常に使えますので、しっかりと詳細を抑えておきましょう。