支持線(サポートライン)抵抗線(レジスタンスライン)とは何か

FXや株を勉強していると支持線や抵抗線という言葉を良く耳にするかと思います。
これらはチャートの中からトレンドを知る為に使用されており、それぞれの特徴を説明します。

 

支持線(サポートライン)は、相場が下落する時に抵抗となる節目のことです。
支持線は下値支持線とも呼ばれます。

 

抵抗線(レジスタンスライン)は、相場が上昇するときに抵抗となる節目のことです。抵抗線は上値抵抗線とも呼ばれます。

 

これらの線は人間の心理を表したもので、過去の高値や安値は意識する人が多いために同じくらいの価格で何度も反発が起こるとされています。

 

支持線(サポートライン)の見方

為替レートや株価が支持線で反発するほど、強い支持(サポート)になっていることを示します。支持線付近で価格が何度も反発していて支持線を下回った場合、強い下降トレンドが発生する可能性が高いといわれてます。

 

支持線(サポートライン)/ テクニカル分析 / FX・株

 

抵抗線(サポートライン)の見方

為替レートや株価が抵抗線で反発するほど、強い抵抗(レジスタンス)になっていることを示します。抵抗線付近で価格が何度も反発していて抵抗線を超えた場合、強い上昇トレンドが発生する可能性が高いといわれてます。

 

抵抗線(レジスタンスライン)/ テクニカル分析 / FX・株

 

支持線が抵抗線に変化する

これは相場観察をしているとよく見かけますが、さっきまで支持線だったものがいつの間にか抵抗線になっていることがあります。又、支持線や抵抗線から価格が抜け出し、相場が転換することをレンジブレイクといいます。

 

支持線から抵抗線に変化 / テクニカル分析 / FX・株

 

抵抗線が支持線に変化する

上記例とは逆で、抵抗線が支持線になることも多々あります。
これらについても、何度も価格反発した何れかの線(支持・抵抗)を割り込んで再度反発した場合、強い支持線、又は抵抗線になります。

 

抵抗線から支持線に変化 / テクニカル分析 / FX・株

 

支持線と抵抗線を活用して相場を読む

支持線と抵抗線は相場状況を把握する上で、非常に重要なライン(線)となります。

 

二種類の線付近で数回程度価格が反発することは実際に多いです。
その後支持線・抵抗線をブレイクした後は相場に勢いがつきやすい傾向があるのでしっかり覚えておきましょう。

 

当然、ブレイク後直ぐに価格が戻るダマシもありますが…

 

何よりも支持線と抵抗線は世界中のトレーダーが意識する相場の節目なので、しっかり意識してトレードを行いましょう。