RSIとは

RSIとは Relative Strength Indexの略で、相対力指数といいます。

 

売り買いの相対的な力関係を数値として表したもので、一定期間における価格の変動幅から相場の「買われすぎ」「売られすぎ」をパーセンテージで表したテクニカル指標です。オシレータ系の代表的な逆張り分析手法となります。

 

RSIはレンジ相場(ボックス相場)での逆張りには強いですが、トレンド発生時には使い方に注意が必要な分析手法です。

 

RSIは過去一定期間における上昇と下落幅の合計を占める上昇幅の比率で、計算式は下記の通りです。

 

RSI = 過去一定期間において終値が前日比で上昇した日の上昇幅の合計 ÷ 過去一定期間における終値の前日比変動幅(絶対値)の合計×100

 

RSIで一般的に用いられる期間は14日が多く、他には9日、11日などもあります。
買われすぎと売られすぎの水準は期間によって異なりますが、一般的に「80%以上・20%以下」「75%以上・25%以下」「70%・30%」がよく用いられます。

 

RSI / FX / テクニカル分析

 

上記グラフから分かるようにローソク足チャートとRSIを見ると、RSIが赤色の線(買われすぎライン)に近づくにつれて相場が反転しやすくなっています。

これにより70%以上で反転したときに売り、30%以下で反転したときに買いと判断するという、逆張り指標として使用される理由が分かると思います。

 

RSIが50%付近では、小幅なもみ合いとなることが多く、その後大きく相場が反転、又はトレンドが形成されることもあるので使用する際は注意しましょう。

 

他のテクニカル分析と併用しよう

これまでの説明の通り、RSIが有効とされるのはボックス相場(レンジ相場)となります。
一定のレンジの中を上がったり、下がったりする相場では買いサインや売りサインがハッキリと表れます。

 

しかしながら、相場に強いトレンドが発生した際は、RSIが上下どちらかに張り付いたまま機能しないので、売買タイミングを誤る事が多くなる為、
他のテクニカル分析と一緒に使うことを強くオススメします。