サイコロジカルラインとは

サイコロジカルラインは、投資家の心理を数値化した分析手法と言われており、心理から売買タイミングを取ろうという考えから生まれたオシレーター系の分析方法です。

 

見方としては、一定期間(一般的に過去12営業日で計算)における上昇・下落をカウントしてパーセンテージが表されており、上昇や下落が連続して続いた後にそろそろ反転するだろうという心理的なタイミングを表します。(もちろん確率論の要素もあります。)

 

サイコロジカル「Phychological」は「心理的な」という意味ですので、まさにそのままの意味合いを持つラインです。

 

既にトレードをしている方ならご存知の通り、為替レートや株価は政治、経済、外国の政治動向など様々な要因で変動しますが、これらのファンダメンタル要素がないときも上昇と下落を繰り返しています。

 

それには人の心理的な影響を受けた動きも必ず存在しています。

 

サイコロジカルラインの見方

下記チャートでは赤線より上を買われすぎ、水色の線より下を売られすぎとしています。25%以下で反転した時に買い、75%以上で反転した時に売りというように判定します。

 

サイコロジカルラインとは / 見方・使い方 / テクニカル分析

 

基本的に過去12日間の中で上昇した日数が何日あったかという計算を元にサイコロジカルラインが描かれます。75%以上は9勝3敗。25%以下とは3勝9敗の確率になります。

 

他のオシレータ系のテクニカル分析と同様に、一定の方向に大きなトレンドが出ている局面では上下どちらかに張り付いてしまい、全く機能しないので注意してください。