パラボリックとは「Paraboric」

パラボリックは、トレンド系のテクニカル分析でRSIなどを考案したことで知られるJ・W・ワイルダー氏が発明したテクニカル分析です。

 

正式名はパラボリック・タイム・プライスです。

 

パラボリックは、放物線という意味でSAR「ストップ&リバースポイント」と呼ばれるラインがチャートのローソク足部分に表示されます。これによって相場のトレンド転換点を示しています。

 

トレンドの中でも大きなトレンド発生時に使用するのに適していて、相場の値動きとSARが交差した点が売買ポイントとなるので非常にわかりやすいです。

 

パラボリックの見方・売買ポイント

パラボリックは、一定期間上がり続けたり、逆に下がり続けたりするような相場で、明確なトレンドが発生するときに有効なテクニカル分析です。

 

下記チャートがパラボリック分析のイメージです。

 

ポラボリック / 見方・使い方 / FXテクニカル分析

 

パラボリックでは、下降しているSARラインがローソク足にぶつかったところが「買いのサイン」、逆に下から上昇しているSARラインがローソク足にぶつかったところが「売りのサイン」となります。

 

トレンドが弱い時はダマシが多い

上記チャートから分かるように明確なトレンド発生時はしっかりと売買シグナルが出ますが、トレンドが弱い時はダマシも発生するのでトレンドの強弱を見極めて使うようにしましょう。

 

チャート上に記載がある通り、レンジ相場やもみ合い局面では全く機能しません。

 

パラボリック計算式

下記がパラボリックの計算式となります。

 

SAR=前日EP+AFx(EP-前日のSAR)
EP(Extreme Price):前日までの最高値・最安値
AF(Acceleration Factor):加速因子(0.02≦AF≦0.20)でパラボリックの感度

 

パラボリックでは初期値が0.02になっており、終値が高値を更新するたびに+0.02ずつ加算されます。

 

AF値を大きくすると値動きに敏感になってその分ダマシも増えます。逆にAFを小さくするとSARラインが値動きより遅れる為、売買タイミングが若干遅くなります。

 

テクニカル分析全般にいえることですが、一般的にデフォルトの設定値が最も多く使われている為、初期値に近い数字を推奨します。

パラボリックのまとめ

・大きなトレンド時に有効
・レンジ相場やもみ合い局面ではダマシが多い。

 

・SARライン下降時にローソク足に触れたら買いポイント
・SARライン上昇時にローソク足に触れたら売りポイント