MACD(マックディー)とは

MACD(Moving Average Convergence Divergence Trading) は、通称マックディーと呼ばれている移動平均線を応用したテクニカル分析です。

 

「移動平均線の収束・拡散による取引手法」に由来しており、2本の移動平均の乖離を分析することで売買タイミングを判断する手法となります。
基本的にトレンド系のテクニカル分析で、相場が上下一定方向に動くトレンド発生時に限られます。

 
小幅なもみ合いや小さなレンジ局面では2本の線が曖昧な判定となることが多い為、レンジ相場ではオシレータ系の他の指標と併用されることが多いです。

 

MACD分析の構成

MACD分析は2本のライン (MACD線・シグナル線)で構成されており、下記グラフでは上段が為替相場で下段がMACD分析自体となります。

 

MACD(マックディ) / テクニカル分析

 

MACD線とシグナル線

MACDとは、2本の移動平均線の乖離率を表したものです。MACD分析では、皆さんが良く耳にする単純移動平均(SMA)ではなく、指標移動平均線(EMA)が用いられます。

 

一般的にはシグナル=9、短期EMA=12、中期EMA=26で設定されることが多いです。勿論、自分のトレードスタイルに合わせてアレンジしていくのも良いでしょう。

 

MACDの見方

基本的な売買シグナルは、MACDがゼロより下でシグナルを下から上へ突き抜けたとき時に買い、MACDがゼロより上でシグナルを上から下へ突き抜けた時が売りとなります。又、MACD分析のゼロ付近はレジスタンスにもサポートにもなり、プラス圏で強気相場、マイナス圏で弱気相場となります。

 

上記グラフでも弱気相場でMACDがシグナルを下から上に突き上げてから為替相場が上昇しており、強気相場でMACDがシグナルを上から下へ突き抜けてから、為替相場が下落しています。

 

もちろんグラフに記載があるようにサインが出たからといって、完全に相場が下落せずに途中もたつくこともあるので注意が必要です。