為替レートとは何か

本記事では、為替レートがなぜ変動するかを説明します。

 

先ず為替レートは 2種類の通貨を交換する際の交換比率を「為替レート(外国為替相場)」といいます。
この為替レートは換金する場所や条件によって数値が異ってきます。

 

代表的なレートの違いが発生する場面としては、銀行が直接顧客と取引する「対顧客市場」と銀行間で取引が行われる「インターバンク市場」ではレートは異なっています。

 

他にも海外旅行に行く時にトレベラーズチェックを発行してもらう時のレートと、現金に交換する時のレートでは差異が生じます。

 

最も身近なところで、海外旅行に行く際、空港で外国通貨に換金しようとするときに銀行によっても為替レートが異なっています。

 

FXで使われる「為替レート」はインターバンク市場での交換比率を表しています。

 

為替レートは需要と供給を元に変動する

為替相場は毎秒といっても過言でない程、常に変動しています。

 

この為替レートが変動する理由は、通貨を買う人と売る人がいるために変動しています。買う人の方が多ければ為替レートが上昇し、売る人の方が多い場合は下落します。

 

日本人にとって最もわかりやすい例としては、円を売ってドルを買う人が多いと円安ドル高となり、ドルを売って円を買う人が多いと円高ドル安になります。

 

このように需給関係でレートが変わる点は株式市場と同様ですが、為替の場合は複数の通貨が関係してくるので、株のような売り買いという単純な関係ではありません。

 

特に基軸通貨のドルは全ての通貨に大きな影響を与えてます。ドル以外の通貨でFX取引を行う人もドルの動向は確実におさえておきましょう。

 

この通貨の受給関係に関連する要素は非常に多くあり、国の金利変動や雇用統計等の経済指標など、影響力の大きいファクターは常に把握すると良いでしょう。