一目均衡表とは

一目均衡表とは、ローソク足と5本線により時間論から波動論まで網羅する極めて奥の深いテクニカル分析です。

 

文字通り一目で株価の均衡状態を把握する為のチャート分析ですが、他のテクニカル分析とは異なり「価格」の動きよりも「時間」の概念を重視しています。

 

時間という概念の元、相場の買いと売りの均衡が崩れた方向に動くという考え方に基づいて作られたテクニカル分析です。

 

一目均衡表は、1930年代に東京新聞の前身である都新聞の記者が考案した純国産のテクニカル分析で、初めは新聞紙上に「新東転換線」という名称で発表されていました。その後、現名称である一目均衡表と名付けられました。

 

今では国内問わず、多くのファンドマネージャーやプロトレーダーから支持されている分析手法なので覚えておくといいでしょう。先ずは実際のチャートを見てみましょう。

 

一目均衡表とは / テクニカル分析 / FX・株

 

上記チャートのようにローソク足に対して「転換線」「基準線」「先行スパンA」「先行スパンB」「遅行スパン」の5本の線が用いられており、そこに雲のようなものが存在しています。

 

これらの線のデフォルト仕様詳細は下記となります。

 

転換線(26日)・・過去26日間の最高値と最安値の平均値=(26日間最高値+26日間最安値)÷2

 

基準線(9日)・・過去の9日間の最高値と最安値の平均値=(9日間最高値+9日間最安値)÷2

 

先行スパンA ・・基準線と転換線の中間値を26日先に記載したもの

 

先行スパンB(52日)・・52日間の最高値と最安値の平均値を26日先に記載したもの

 

遅行スパン・・当日の終値を26日前に記載したもの

 

は、先行スパンAと先行スパンBの間と部分となります。

 

一目均衡表におけるそれぞれの線の特徴

1. 基準線・・移動平均線のようなもので、この線に素直に従えば値幅の大きいところを高確率で取れます。

 

2. 転換線・・転換線が基準線より上にあれば買い時で、下にある時は売り時です。

 

3. 雲・・先行スパンAと先行スパンBから形成される雲は、サポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)にもなります。

 

一目均衡表は複雑そうに見えますが、FXや株で多くのプロトレーダーに使用されているのは、雲のみで簡単に相場感が確認出来るからです。下記に詳細は書いてますが、シンプルにローソク足が雲の上に抜けると上昇トレンド、ローソク足が雲の下に抜けると下降トレンドになりやすいなど、至ってシンプルなものです。

 

前置きが長くなりましたが、一目均衡表を使用して実際に相場に挑むときの売買ポイントが下記に記載されてるのでしっかり覚えておきましょう。

 

一目均衡表の見方・使い方

転換線と基準線のクロスと位置

 

一目均衡表では、転換線が基準線を下から上にクロスする時が買いのサイン、転換線が基準線を上から下へクロスする時が売りのサインとなります。

 

これは転換線が過去9日間、基準線が過去26日間のデータの為、転換線の方が直近のトレンドを表しているからです。

 

移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスと同様の見方となります。
転換線は発生したトレンドのサポートにもレジスタンスにもなることがあります。

 

雲とローソク足の位置関係

 

一目均衡表の雲の上でローソク足が推移している時は、相場が強い(上昇傾向)状態、下にある時は弱い(下降傾向)状態となります。

 

雲が厚い部分は強いサポートとなり、相場が反転しずらい反面、雲が薄くなっている部分は一気に抜けやすく相場が反転しやすい傾向があります。又、価格が雲の中から雲の外に抜けた場合、トレンドが加速しやすい傾向があります。

 

更に、先行スパンAと先行スパンBがクロスするポイント(雲がねじれる部分)では、相場が反転したり、トレンドが加速する可能性が高く、相場の転換点となる傾向があります。

 

遅行線一目均衡表の遅行線は、相場の売り買いのタイミングを把握するのに使用します。

 

遅行線が価格(為替レート・株価)を上抜いた時に買い(好転)、反対に下回った時に売ります。

 

以上が一目均衡表の見方となるので、ぜひトレードに生かしてください。