GMMAとは

GMMAは、12本の指数平滑移動平均線(EMA)を纏めて表示したもので、トレンド系のテクニカル分析です。

 

GMMAの開発者はDaryl Guppy氏という方で、GMMAの名称にはGuppy氏の名前が含まれています。英語でGuppy Multi Moving Average、日本語では複合型移動平均線と呼ばれています。

 

GMMAでは、12本の指数平滑移動平均線を「短期線」と「長期線」で6本ずつに分けており、それぞれの線の位置や形状からトレンドの状況や強弱を判断します。

 

上記の説明から分かるようにGMMAは移動平均線を用いたトレードの延長線上にあるテクニカル分析といえます。

 

一般的に青色が「短期線」で、投機的な投資家の売買動向を掴む為の価格推移を表しています。

 

短期線での移動平均線期間は「3・5・8・10・12・15」計6本の指数平滑移動平均線で構成されます。

 

一方で赤い線中長期でトレーダーの売買動向を掴む為に使用されており、比較的長い期間でのトレンドの強弱や方向性を表します。

 

長期線の移動平均線の期間は「30・35・40・45・50・60」計6本の指数平滑移動平均線で構成されます。

 

GMMAでの売買ポイント

GMMAの最大の特徴は、トレンドの方向性や強弱を誰でも一目で分かる事です。売買ポイントとしては主に下記三つがあげられます。

 

➀トレンドに乗る
ゴールデンクロス・デッドクロス
➂短期線の押し戻し

 

➀トレンドに乗る
トレンドでの売買では、基本的に長期線(赤線)に注目します。通常の移動平均線と同じように長期線が上を向いていれば上昇トレンド、下向きであれば下降トレンドです。

 

GMMA トレンド / FXテクニカル分析

 

長期線が上昇トレンドの状態で短期線も上昇している時は、買い相場となります。

 

下記のように単純にトレンドに乗ることが最もシンプルな売買方法となります。
GMMAでのトレンド / 見方 / FXテクニカル分析 

 

ゴールデンクロス・デッドクロス
移動平均線でのお決まりトレードパターンであるゴールデンクロスとデットクロスですが、GMMAでも使用されます。

 

下記チャート画像はデッドクロスですが、短期線が長期線を完全に下抜いたところが売りポイントとなります。

 

GMMAでのデッドクロス / 見方 / FX テクニカル分析

 

ゴールデンクロスの場合は、真逆のパターンなので短期線が長期線を上抜いたときが買いポイントとなります。

 

➂短期線の押し戻し
押し戻しでの売買は、ゴールデンクロスやデッドクロスの注意点を含んでいます。

 

GMMAでは、下記チャートのように短期線が長期線をクロスしようとした所で跳ね返されてトレンドが継続することが頻繁にあります。

 

これはトレンドが強い時に起こるパターンなので、トレンドに乗れれば大きく利益獲得できる可能性を秘めています。

 

GMMAでの押し目買い / 見方 / FX テクニカル分析 

 

ゴールデンクロスやデッドクロスで取引する際は、押し目での跳ね返りに注意し、短期線が明確にクロスしたところでポジションを取るといいでしょう。

 

GMMAは非常に有効なテクニカル分析ですので、ぜひ使用してみてください。