ファンダメンタルズ・テクニカルとは何か

FXで為替を動かす要因にはファンダメンタルズとテクニカルがあります。
ここではそれぞれの特徴を説明します。

 

この二つはよく車の構造で例えられ、ファンダメンタルズはエンジン、テクニカルはハンドルです。
その点を念頭に入れて、下記説明を読んでみてください。

 

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズとは、経済活動の状況を示す最も基礎的な要因となります。

 

ファンダメンタルズは、主に経済成長率(GDP)や雇用系指数(新規雇用者数や失業率など)、物価指数(CPI・PPIなど)などの経済指標から確認することができます。

 

金相場や原油などの商品相場もファンダメンタルズに含まれます。株の場合は企業業績や財務状況なども重要な要因となります。

 

テクニカル分析

テクニカルとは、ファンダメンタルズのような経済活動や企業業績などを考慮せずに通貨毎の過去のレートから現在のレート、取引量や時間軸などのファクターから未来の為替変動を予測する相場分析方法のことです。

 

具体的にはチャートに線を引く、インジケーターと呼ばれるテクニカル指標を使用するなど様々な方法があります。

 

相場には「トレンド相場」「レンジ相場」があります。2つの相場状況を見分けるのが最も重要となります。

 

上記の説明を元にファンダメンタルを主(エンジン)とし、テクニカルで舵(ハンドル)をとって、
未来の相場を予測して相場を攻略しましょう。