フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチは、レオナルド・フィボナッチと呼ばれる13世紀イタリアの数学者が考え出した数例で、多くの生物の成長パターンが1.618の比率で成長することを元にされてます。

 

自然に美しいと感じられる形は黄金比に当てはまることが多いと一般的に言われていますが、その黄金比を導き出すのがこの数例です。有名なところでは、ピラミッドなど多くの歴史的建造物などは黄金比になっているといわれてます。

 

その黄金比が相場の世界でも適用されるということです。

 

相場は前の動きに対してある一定の比率で押し・戻しの動きをすることが多く、その相場の押しや戻りの目標価格を予測する手法として、フィボナッチリトレースメントを用いることができます。

 

相場の世界で投資家が半値戻しや3分の1戻しといった言葉を使いますが、フィボナッチリトレースメントでは61.8%・50%・38.2%が良く用いられます。

 

61.8%・50%・38.2%がレジスタンスやサポートになる

フィボナッチリトレースメントでは、強いトレンド時に38.2%で押し戻し、弱いトレンド時に61.8%押し戻しといった基準を元に売買ポイントを探します。

 

下記は61.8%の戻しのイメージです。

フィボナッチリトレースメント / テクニカル分析 / FX

 

この戻し具合がトレンドの強弱によって変わってきます。
 

フィボナッチでは、このような押し戻しに対して2通りのトレード方法があります。

 

1. リトレースメント(戻し)狙い
上昇相場の場合、押し目がどのあたりになるか、下降相場の場合、戻し目がどこになるかをフィボナッチを元に予測します。この場合、トレンドの強弱をしっかりと読み、何%(38.2%や61.8%)が分岐点となるか、ローソク足の様子も確認しながら予測します。

 

2. トレンド継続狙い
上昇相場にてリトレースメントした相場が、その後どこまで上昇していくかを予測します。
トレンドの強弱を読むのが非常に大事なポイントです。

 

フィボナッチリトレースメントはエリオット波動の数学的基礎になった数例と言われてます。エリオット波動は「上昇5波・下降3波」の8つの波が1つの周期を形成して反復を繰り返すという理論です。

 

上記イメージ後の相場は、上昇が2波、下降が3波というパターンが多いと覚えておきましょう。

 

まとめ

フィボナッチリトレースメントですが、世界中の投資家が知っていると言っても過言ではないテクニカル分析です。トレードを行う時に頭の片隅には常に入れておくとよいでしょう。

 

相場を見れば見るほど驚くほどにフィボナッチリトレースメントの原理が相場に一致していることが分かると思います。
もちろんフィボナッチリトレースメントが当てはまらない時もありますが…

 

テクニカル分析は、その時々で当てはまるものを見つけていくことが大事ということを忘れずにトレードを行いましょう。