エンベロープとは

エンベロープはトレンド系のテクニカル分析で、移動平均線からどの程度価格が乖離したかを確認してトレードに生かす手法となります。

 

エンベロープの考え方としては、移動平均線から乖離した価格は、いずれ移動平均線に戻るという考えがもとにされています。

 

エンベロープの上限、下限をトレンドの「反転ポイント = 売買ポイント」とし、この反転ポイントは支持線(サポート)や抵抗線(レジスタンス)の目安としても使用されています。

 

価格と移動平均線の乖離度合いは相場によって異なりますが、為替市場では一般的に25日移動平均線に対して2~3%乖離すると価格が戻るといわれています。

 

エンベロープの他に移動平均線の乖離を分析するテクニカル分析として、ボリンジャーバンドがありますが、ボリンジャーバンドの場合、標準偏差を元に算出されるのでエンベロープとは全く異なった分析方法となっています。

 

エンベロープの見方・売買ポイント

エンベロープでの売買ポイントは、上下のエンベロープラインに価格が到達した時となります。

 

エンベロープのラインは、冒頭で説明したように移動平均線から大きく乖離したところとなります。このポイントが買われすぎ・売られすぎとなり相場の反転ポイントとして用いられてます。

 

エンベロープ/ 見方・使い方 / FXテクニカル分析

 

上記チャートは海外FX業者のXM・MT4でエンベロープを表示しています。

 

注意点

・上記チャートにも記載がある通り、重要なファンダメンタルのイベントがある時はどのテクニカル分析も通用しなくなるので注意しましょう。

 

・エンベロープはトレンドが強く継続した場合、価格がエンベロープラインに張り付いたままとなってしまい使い物になりません。

 

強力なトレンド発生時は、別のテクニカル分析で相場の状況を把握すると良いでしょう。

 

エンベロープのポイント纏め

・ローソク足がエンベロープの下限ラインに接近・到達した場合は買いのサイン

・ローソク足がエンベロープの上限ラインに接近・到達した場合は売りのサイン

・強力なトレンド発生時は使用しない。