ボリンジャーバンドとは何か

FXのトレンド系テクニカル分析として広く知られているボリンジャーバンドは、1980年代にジョン A ボリンジャー氏によって考案された分析手法です。

 

移動平均線を元にした統計的なアプローチにより相場の反転や保ち合い離れを判断することが出来ます。

 

ボリンジャーバンドは為替レートや株価の勢いの変化や反転の目安、方向を見るために使用することができ、移動平均線の上下につけた帯状の範囲内に収まる確率を元に順張り・逆張りの双方でトレードします。

 

標準偏差(シグマ=σ)を使用
ボリンジャーバンドでは、統計学を利用して中心線の上下に1標準偏差(1σ)、2標準偏差(2σ)、3標準偏差(3σ)のバンドが描かれたチャートを使用します。

 

通常は中心に21日移動平均線、上下それぞれマイナス3σ、マイナス2σ、マイナス1σ、1σ、2σ、3σの合計7本の線をボリンジャーバンドでは使用します。

 

ボリンジャーバンドにおける標準偏差毎の確率
●ボリンジャーバンドの-1σ~+1σの範囲に価格が収まる確率・・・約68.3%
●ボリンジャーバンドの-2σ~+2σの範囲に価格が収まる確率・・・約95.4%
●ボリンジャーバンドの-3σ~+3σの範囲に価格が収まる確率・・・約99.7%

 

ボリンジャーバンドには2パターンの用途がある

ボリンジャーバンドは、逆張り手法と順張り手法の両方で使用することが可能です。

 

ボリンジャーバンドの逆張り手法
ボリンジャーバンドの±2σ~±3σを各々下値支持線や上値支持線と考えます。
例えば株価が-2σ or -3σにきた時を買いポイントとし、+2σ or 3σにきた時を売りポイントとみなします。

 

ボリンジャーバンドの順張り手法
為替レートや株価が±2σ or ±3σを超えて推移した場合、レンジ相場から強いトレンドが発生する可能性がある為、-2σ or -3σに来たときは売りポイント、+2σ or +3σにきたときは買いポイントとみなします。

 

下記にて実際に売買ポイントを記載したボリンジャーバンドの画像があるので、参照ください。

 

ボリンジャーバンドの例 / FX / テクニカル分析

 

ボリンジャーバンドの特徴まとめ

・ボリンジャーバンドの形は為替レートや株価の相場状況を表しており、バンドが収縮している状態をレンジ相場とし、バンドが拡大している時は強いトレンドが発生している状態となる。

 

・原則として為替レートや株価はボリンジャーバンド内で推移するが、価格がボリンジャーバンドから逸脱することもある。その場合売られすぎ・買われすぎのシグナルとしても使用できる。

 

・ボリンジャーバンド自体の形も重要で、バンドが拡大している時は強いトレンドが発生していることを示しており、価格は拡大し続けるバンドの上限や下限に張り付いて推移しがちになる為、逆張りは危険。ボリンジャーバンドが拡大しているときは、相場の状況に変化があったり、突発的な事象(ファンダメンタル要因含む)がある場合がある。

 

・ボリンジャーバンドが収束に向かう(幅が小さくなる)時は、価格が急に上昇又は下落するなど、次に強いトレンドが発生する可能性が高い。
バンドを突き抜けた場合、トレンド転換の可能性が高いといえる。

 

ボリンジャーバンドの注意点

・ボリンジャーバンドのそれぞれのシグマ(σ)は、あくまで統計学を元に標準偏差を出している為、収まる確率は高くても全て当てはまるわけではないので注意しましょう。

 

なぜなら標準偏差は指定した過去の一定期間内の移動平均線で算出されたものなので、未来の価格変動範囲が必ず標準偏差内に収まるものではないからです。他のテクニカル手法と併用することを推奨します。もちろんファンダメンタルズの速報は常にチェックしながらトレードするのが鉄則です。

 

・まとめで説明しましたが、ボリンジャーバンドはレンジ相場とトレンド相場で使用が可能です。レンジ相場では、ボリンジャーバンドの上限(3σ)を売りのシグナル、下限(-3σ)を買いのシグナルとするので、そのレンジ間で売買を繰り返すことになります。

 

価格がボリンジャーバンドから逸脱し、トレンドが発生するときは比較的にレンジ相場で獲得できるPipsより大きく離れることが多いので、レンジ相場で得た利益を無駄にしない様、ボリンジャーバンドから逸脱した場合はしっかり損切を行いましょう。