ダブルトップ・ダブルボトムとは

ダブルトップとダブルボトムは、FXや株式投資の世界において代表的なチャートパターンの一つです。

 

それぞれの特徴としては、ダブルトップは天井圏で発生しやすいチャートパターンで売りのサイン、ダブルボトムは底値圏で発生しやすいチャートパターンで買いのサインといわれてます。

 

ダブルトップ発生後は下降トレンドとなり、ダブルボトム発生後は上昇トレンドになることが多いです。

 

両方の指標は英語で考えると分かりやすく、ダブルボトムの場合W(ダブリュー)とbottom(底)なので、底で現れるダブリューとして覚えると楽です。

 

ダブルトップの見方

下記チャートがダブルトップとなります。

 

ダブルトップ / 見方・使い方 /FX・株

 

ダブルトップは上昇トレンド中に発生し、トレンドの天井圏で現れるトレンド指標です。ダブルトップ発生後は下降トレンドになることが多い為、売りのサインとして知られてます。

 

上記チャートでも分かる通り、上昇トレンド中に一度高値をつけて少し下落した後に再度高値まで上昇し、前回の高値を超えられずに同じような価格で下落しています。ここから下降トレンドに転換することが多いということです。

 

下降トレンドに入るかを見極めるには、前回高値から一度下げた安値を超えるかがポイントになります。

 

ここはネックラインと呼ばれているポイントで、ここを超えないとダブルトップが成立したことにはなりません。その為、基本的なエントリーポイントはネックラインを少し超えたところとなります。

 

ネックラインでエントリーした後に下降トレンドに入らず、相場が再度高値を試すようであればダブルトップの高値部分が損切ポイントとなります。理由としては、高値を更新する場合は上昇トレンドが継続することが多いからです。

 

ダブルボトムの見方

これまでの説明の通り、ダブルボトムはダブルトップと真逆の関係になるので下記チャートのように底値でWが現れることを表します。

 

ダブルボトム / 見方・使い方 / FX・株

 

ダブルトップは下降トレンド中に発生し、トレンドの底値で現れるトレンド指標です。ダブルトップ発生後は下降トレンドになることが多い為、買いのサインとして知られています。

 

上記チャートから分かる通り、下降トレンド中に安値をつけた後に少し反発するものの、再度下落して前回安値と同じような価格で再度反発しています。
ここから上昇トレンドに転換することが多いということです。

 

ダブルトップ同様、上昇トレンドに入るかを見極めるには、前回安値から一度上げた高値を超えるかがポイントになります。

 

ネックラインを超えるまでは相場が再度反発し、下降トレンドが継続することも多いので確実にネックラインを超えてからエントリーするよう心がけましょう。

 

ダブルトップ・ダブルボトムのポイントまとめ

ダブルトップ
・上昇トレンド中に発生
・ネックラインを超えたら売りエントリー

 

ダブルトップ
・下降トレンド中に発生
・ネックラインを超えたら買いエントリー

 

注意点

・確実にネックラインを超えてからエントリーしましょう。(ネックラインを超えてないとそれぞれのトレンドが継続するパターンが多い為。)

 

FXや株式相場でダブルトップとダブルボトムは頻繁に見かけるので、ぜひトレードに生かしてください。