ドルインデックスとは何か(USA Doller Index)

ドルインデックス(ドル指数)とは、主要通貨に対する米ドルの価値を指数化したものです。
この主要通貨には、ユーロ・円・ポンド・カナダドルなどが含まれています。

 

為替相場では、基本的に通貨の価値を見る際は「ドル/円・ユーロ/ドル」など通貨ペアで見ますが、ドルインデックスの場合、米ドルそのものの価値を示めす指数の為、総合的な米ドルの価値を示します。

 

米ドルは全主要通貨と相対関係にある為、ドル/円で円高ドル安に変動したからといって、ドルインデックスの数値が必ず低下するわけではありません。
世界の基軸通貨だからこそ特定の通貨間でなく、ドルインデックスのように世界的な価値を示す指数が必要なわけです。

 

ドルインデックスの算出方法

ドルインデックスは、ニューヨーク証券取引所やFRB(連邦準備制度理事会)、国際決済銀行など様々な機関で指数算出されています。

 

これら算出している機関によって構成通貨や指数の更新頻度、通貨毎の加重平均のウェイトが異なっていますが、ニューヨーク証券取引所が算出しているドルインデックスが一般的に注目されています。

 

ドルインデックス構成通貨

上記説明の通り、ドルインデックスの構成通貨は算出期間によって異なります。
ここでは、ニューヨーク証券取引所とFRB算出の構成通貨を記載します。

 

ニューヨーク証券取引所
通貨数:6
更新頻度:リアルタイム更新

ユーロ:        57.6%
円:          13.6%
ポンド:        11.9%
カナダドル:       9.1%
スウェーデンクローネ:  4.2%
スイスフラン:      3.6%

ニューヨーク証券取引所によって算出されているドルインデックスが先物市場で取引されています。

 

FRB(連邦準備制度理事会)
通貨数:26
更新頻度:一日毎

人民元:        20.8%
ユーロ:        16.2%
カナダドル:      12.6%
円:           7.5%
メキシコペソ:      4.2%
ポンド:         3.3%

FRBによって算出されているドルインデックスには人民元が含まれており、本通貨の比率が一番高く設定されています。

米国の主要貿易国が中国の為、人民元の比率が高いFRBのドル指数は、米国の貿易の状況に強く関連づけされてるといえます。

 

構成通貨もニューヨーク証券取引所よりも多いので、より広範囲の経済状況を反映してるといえます。
FRBは、米国の金融政策を決定する機関でもあるので、ニューヨーク証券取引所とFRBのドルインデックスの双方を見ると良いでしょう。

 

ドルインデックスの見方

ニューヨーク証券取引所のドルインデックスは、ユーロの比率が一番大きいと説明してきたので、ユーロドルを用いてドルインデックスの見方を説明します。

 

ドルインデックスによって米ドル自体の価値が分かる為、ドルインデックスとユーロの変動方向がどのようになっているかで為替相場の状況が把握できます。

 

ユーロドルの場合、ユーロが買われてドルが売られるとチャートは上昇します。
これはユーロの価値が上がり、ドルの価値が下がるためにユーロ高ドル安になるからです。
反対にユーロが売られてドルが買われるとチャートは下落します。

 

上記内容からドルインデックスとの関係でいうと、ドルインデックスが下落(ドル価値下落)した場合、ユーロドルのチャートは上昇します。(ユーロ高ドル安)

下記にて実際のチャートの様子を見てみましょう。

 

ドルインデックスの見方 / ユーロドルとの関係

チャートから分かる通り、ドルインデックスが下落している時はユーロドルが上昇し、ドルインデックスが上昇し始めるとユーロドルが下落しています。

もちろん全ての時間軸でこの関係が通用することはないですが、相場の傾向性としては上記関係が成り立っています。

 

ドル円で例えると、ドルインデックスが上昇するとドル円チャートも上昇します。(ドル高円安)
その為、基本的には同一方向に動くものと考えます。

 

米ドルは世界の基軸通貨として金融取引上でも最も重要な位置づけにあるかと思います。
その為、FXトレード等、金融取引を行う方はドルインデックスの状況を把握しておくと良いでしょう。