Zipperロゴ

 

だい吉
面白い仮想通貨を見つけたのでシェアします

 

2018年夏頃から中国版XRP(リップル)として知名度を上げて来ているZIP(Zipper)について特徴から買い方まで解説していきます。

 

 

Zipper(ZIP)の特徴

ZIPシステム説明画面

 

先ず初めにZIP(Zipper)プロジェクトの目的から説明したいと思います。

 

・異なるアドレスで管理されている仮想通貨を一括管理する。
・クロスチェーン技術により異なる仮想通貨同士の交換を可能にする。

 

既に仮想通貨の送金等を行ったことがある人は知っていることですが、現在それぞれの仮想通貨は異なるアドレスで管理されています。

 

下記はGMOコイン
の仮想通貨入金画面ですが、上述した通り仮想通貨を入出金するときは、仮想通貨を選択してそれぞれの仮想通貨にあったアドレスで送金しなくてはいけません。

 

GMOコイン入出金画面

 

GMOコインリップル入出金画面

 

現在の状況に対して、ZIPが開発している独自ウォレットを使用することにより、アドレスの異なる仮想通貨を一元管理できるようにしようという試みです。

 

現在は金融業界での活用前提に開発が進められており、更にクロスチェーン技術を使って様々な仮想通貨の仲介役となるので、その性質から「中国版XRP(リップル)」や「ブリッジ通貨」と呼ばれています。

 

また、現在異なる仮想通貨同士を交換することは出来ないですが、ZIPのクロスチェーン技術によって自由に交換を行う事が出来る様になります。

 

だい吉
ちなみにクロスチェーン技術は、異なるブロックチェーン同士を繋げる技術です!

 

ZIP(Zipper)の基本情報

ZIPの価格や発行枚数など、基本的な情報を共有します。

 

Zipper価格-CoinMarketCap-

 

Zipper価格チャート-CoinMarketCap-

 

通貨名 ZIP(Zipper)
発行枚数 1,000億枚
公式サイト Zipper公式サイト

 

上記情報はCoinMarketCapを参考にしています。

 

ZIP(Zipper)の毎秒トランザクション数

ZIP公式サイト記載のニュースによると、ZIP(Zipper)の毎秒トランザクションは、他の仮想通貨と比較して非常に多いです。

 

驚異の「毎秒500,000件」!

 

下図のように有名な通貨と比較すると分かりますが、非常に多いです。

 

仮想通貨トランザクション数比較表

 

RailBlocksが秒間7000件、VISAが2000件、XRPが1500件など、トランザクション数が多いとされている決済手段と比較しても群を抜いて多いです。

 

独自ウォレットZipperOneの特徴

ZipperOne解説画像

 

Zipperプロジェクトでは、独自のウォレット「ZipperOne」を開発しており、ZIPクロスチェーンプロトコルに基づいた統一のデジタルアセットアドレスをユーザーに提供することを目的としています。

 

ZipperOneの機能には以下のような技術が含まれています。

 

・クロスチェーン取引
・資産発行
・スマートコントラクト
・第三者支払インターフェース

 

現在イーサリアムで発行されたトークン(ERCトークン)は「マイイーサウォレット」で一元管理が可能ですが、リップルやイーサリアムなどの仮想通貨を全て一元管理できるようになるのは需要があると思います。

 

ZIP(Zipper)の特殊なブロックチェーン

現在ブロックチェーン技術は3種類存在しますが、ZIPに搭載されているブロックチェーンは新しい性質をもっています。

 

先ずは現在のブロックチェーンのそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

3種類のブロックチェーン

・パブリックブロックチェーン:ビットコインのように誰でも参加可能なネットワーク

・プライベートブロックチェーン:企業や特定のメンバーのみが参加可能なネットワーク

・コンソーシアムブロックチェーン:複数の企業が合同で使用するネットワーク

 

ZIPに搭載されているマルチタイプブロックチェーン「Z0」では、これらのブロックチェーンを自由に使用することが可能のようです。

 

これにより、ブロックチェーン上にアプリなどの様々なDAPPサービスを構築することが出来るようになります。

 

ZIPの実需

ZipperTwitter-CSPay-

 

Zipperは2018年7月に「CSPay」と提携し、日本での決済サービス展開を発表しました。

このCSPayは、仮想通貨支払いによる店舗決済アプリを展開している会社で、日本や中国、韓国、香港、台湾、マカオなどの国で普及し始めています。

 

この提携により、下記店舗での決済に使用できるようになると言われています。

 

・ドン・キホーテ
・ビックカメラ
・ヤマダ電機

 

今後CSPayのみでなく、多店舗や金融機関などで実需を作れれば、知名度が上がっていく可能性がありますが、まだまだ実需としては少なすぎる状況です。

 

XRPと比較すると、やはりXRPは既に各国の大手銀行もあるので100歩先を進んでいますが、未だ仮想通貨界は発展途上なので競合となって、競争してくれると面白いですね。

 

ZIP(Zipper)の買い方

2018年10月8日現在でZIP(Zipper)が購入できる取引所は、下記4つの取引所となります。

 

・OKEx
・Fcoin
・DigiFinex
・IDCM

 

現在の流動性や取引所の規模から考えると、OKExで購入するのが良いと思います。

 

Fcoin取引所は一時期流動性が非常に高くなり、有名になりましたが、Fcoinトークンの価格下落と共に失速しました。

 

もちろん今後挽回する可能性はあるので、購入するときにCoinMarketCapで流動性をチェックし、取引所の評判なども調べると良いでしょう。

 

ちなみに私はFcoinの口座をもっていたので、Fcoinで少し購入しました。

 

ZIP(Zipper)の将来性

トラオくん
正直なところZIPの将来性はどう思います?

 

だい吉
正直なところなんとも言えないですね…

 

だい吉
XRPが実稼働していて、既に知名度もあるので追いつくのはかなり大変だと思います。

 

トラオくん
なるほどですね。

 

だい吉
ただトランザクション数やCSPayとの提携、中国企業始動という点で話題性はあるので、興味本位で少しだけ購入しました。

 

だい吉
今後も動向を追っていくので、面白い進捗が有ったらシェアしていこうと思います!

 

ICOやローンチされて間もない仮想通貨については、無価値になることやプロジェクトが中止になることが殆どなので、自身でしっかりと調査して購入することをオススメします。

 

トラオくん
投資は自己責任!です!