2018年1月に起きたコインチェック社のXEM(ネム)流出事件をきっかけに仮想通貨の保管方法が話題になるようになりました。

 

ウォレットにはどのような種類があるか、どのウォレットが良いかを知りたい方向けにウォレットの基本情報からオススメのものまでをご紹介します。

 

だい吉
大事な資産を守るために仮想通貨の保管方法についてはしっかり考えるべきです!

 

 

仮想通貨ウォレットとは

ビットコインと鍵

ウォレット(Wallet)は、英語を語源としており日本語で財布を意味します。

 

つまりお金を財布に入れるのと同様の意味で、仮想通貨を保管しておく場所のことを指します。

 

仮想通貨取引所ではなく、ウォレットに仮想通貨を保管することで、より安全に仮想通貨を保管することができます。

 

仮想通貨ウォレットには、いくつかの種類がありその種類によってセキュリティの強さや使い勝手が異なるので、それぞれのタイプの特徴を分かった上でウォレットを選択する必要があります。

 

仮想通貨ウォレット4種類に分かれる

仮想通貨ウォレットは大きく分けて4つに分類されます。

仮想通貨ウォレット別安全性解説図

 

ウェブ(オンライン)
ソフトウェア(パソコン・スマホ)
ハードウェア(USB等)
コールド(ペーパー)

 

上図で分かる通り、ウォレットのタイプによって安全性が変わってきます。

 

ここからは、それぞれのウォレットの特徴について詳しく説明していきます。

 

ウェブウォレット(オンライン)とは

ウェブウォレットとは、インターネット上(オンライン)で仮想通貨を保管をできるウォレットです。

 

セキュリティ面では、最も危険性が高いものとなっており、「Internet Explorer」や「Google Chrome」などのWEBサービス上で仮想通貨を管理するので、常にオンライン状態となりハッキングリスクがあります。

 

ウェブウォレットの種類
1.取引所
2.オンラインウォレット

 

これら2種類の保管方法は、IDやPASSを設定するだけで簡単に利用ができる為、その分セキュリティ面では弱いです。

 

取引所で保管

おそらく仮想通貨を保有している人の中で、最も多いのは取引所保管かと思います。

 

取引所に保管しておくことで、すぐに売買を行えるメリットはありますが、やはり取引所のハッキングや倒産による資金消失などが懸念されます。

 

取引所で保管する場合でも、セキュリティ面で多少なりとも信頼が出来る取引所を選択し、取引所自体を分散することをオススメします。

 

取引所のメリット
・すぐに売買が出来る

 

取引所のデメリット
・ハッキングリスク
・倒産リスク

 

オンラインウォレット

ウェブウォレットには、取引所とは異なった「オンラインウォレット」があります。

 

取引所とは異なり、ウォレットにIDとパスワードを設定して自身のウォレットをウェブ上に作ることになります。

 

オンラインウォレットを使用することによって、取引所のハッキングと破産リスクが無くなりますが、自身のウォレットがハッキングされてしまう可能性が残ってしまいます。

 

もちろんオフラインウォレットよりは、利便性が良いですが、多くの資産をウェブウォレットに置いておくのは避けたほうがよいでしょう。

 

代表的なオンラインウォレットは以下の通りです。

 

 

ウェブウォレットのメリット
・取引所の破産リスクを避けられる
・取引所のハッキングリスクを避けられる

 

ウェブウォレットのデメリット
・オンライン環境下なので個人のウォレットでもハッキングリスクがある

 

ソフトウェアウォレットとは

モバイルウォレット

ソフトウェアウォレットは、ウェブウォレットとは異なり、パソコンやスマートフォンにソフトをダウンロードしてローカル環境(ソフト内)で保管するタイプのウォレットとなります。

 

デスクトップウォレットやモバイルウォレット、クライアントウォレット、又はローカルウォレットとも呼ばれます。

 

常にオンライン環境に置いておく必要がないので、ウェブウォレットと比較してセキュリティ面で強い特徴があります。

 

デメリットとしては、パソコンやスマートフォンがウィルスに侵された場合、ウィルスによってはウォレットの中身を盗まれる可能性があります。

 

ソフトウェアウォレットは、パソコン用とスマホ用の二種類があり、それぞれの代表的なものをご紹介します。

 

代表的なデスクトップウォレット
・MyEtherWallet(マイイーサウォレット)
・TokenPocket(トークンポケット)
・Ginco(ギンコ)
・Yenom(エノム)
・Bitpie(ビットパイ)

 

代表的なモバイルウォレット
・BreadWallet(ブレッドウォレット)
・Copay(コペイ)
・Ginco(ギンコ)
・Blockchain(ブロックチェーン)
・Mycelium(マイセリアム)

 

それぞれのウォレットによって対応している仮想通貨が異なるので、予め調べてからダウンロードするようにしましょう。

 

普段パソコンを使用しない人は、モバイルウォレットの方が利便性良いですが、パソコン用と比べて対応している仮想通貨が少ないデメリットがあります。

 

ご自身が保管したい通貨にあった保管方法を選ぶようにしましょう。

 

ソフトウェアウォレットのメリット
・パソコンやスマホ内で管理することによりウェブウォレットよりセキュリティ面で安心
・送金などが簡単に行える

 

ソフトウェアウォレットのデメリット
・パソコンやスマホがウィルスに侵されるとウォレット内の資産を盗まれる可能性がある

 

個人的にはソフトウェアウォレットでもセキュリティはイマイチだと思います。

 

もしソフトウェアウォレットを使うのであれば、ウイルスバスタークラウドなどのウィルス対策を行うことをオススメします。

 

ハードウェアウォレットとは

Ledgerウォレット

ハードウェアウォレットとは、USB端末のようなもので秘密鍵を管理する方法です。

 

ハードウェアウォレットでは、オフラインでの管理となるので、ハッキングのリスクが無くなり、セキュリティ面では最も強固なものとなります。

 

トラオくん
つまりハードウェアウォレットでの保管が一番良いということですか?

 

だい吉
次に紹介するコールドウォレットもいいけど、ハードウェアウォレットが利便性いいからベストかな…

 

トラオくん
ちなみにハードウェアウォレットが水没や破損で故障したらどうなりますか?

 

だい吉
いいところに気づいたね!!

 

ハードウェア自体が故障、又は紛失してしまった場合でも「パスフレーズ」と呼ばれるパスワードのようなものを把握しておけば復元できます。

 

ハードウェアウォレットのデメリットとして、初期費用がかかる点があります。

 

下記で紹介するハードウェアウォレットは、1~2万円程必要となります。

 

Ledger NanoS(レジャー)

保管可能な銘柄が豊富でリップルなどの人気通貨にも対応Trezor(トレザー)

取扱い通貨は少ないが、使いやすさは抜群

 

使い勝手で選ぶのであればトレザーですが、様々な通貨を保管したい人はレジャーがオススメです。

 

ハードウェアウォレットのメリット
・オフライン環境で管理するのでハッキングリスクがなくなる
・ハード(USB等)が破損してもパスフレーズを控えておけば復元できる

 

ハードウェアウォレットのデメリット
・短期売買には不向き
・初期費用がかかる
・セルフゴックスに注意

 

コールドウォレット(ペーパーウォレット)とは

リップル用コールドウォレット

コールドウォレットとは、通称ペーパーウォレット(紙)と呼ばれており、最も安全な仮想通貨の管理方法だとされています。

 

ペーパーウォレットという名だけあって、管理方法は至ってシンプルです。

 

だい吉
仮想通貨の秘密鍵が記載されている紙を印刷して管理する

 

わんこ
ここまでシンプルとは…!

 

これによりオンラインの環境から隔離されることになり、ハッキングのリスクを0%できます。

 

その為、仮想通貨を長期保有する人にはオススメできる最も安全な保管方法です。

 

短期売買を行う人は、オフライン環境で保管することによって仮想通貨取引所に送金したりする手間が増えてしまうので、短期売買を行う人にはオススメできない管理方法となります。

 

又、紙で保管を行うので、火事で燃えたり、文字が薄くなって解読出来なくなる危険性はどうしても残ってしまいます。

 

トラオくん
セルフゴックスに気を付ければ大丈夫ということですね!

 

コールドウォレットのメリット
・オフライン管理なのでハッキングリスクが完全に無くなる
・長期保有の人には安心できる保管方法

 

コールドウォレットのデメリット
・短期売買には不向き
・セルフゴックスに注意

 

オススメの仮想通貨ウォレット

トラオくん
結局どのウォレットが一番良いですか?

 

だい吉
人それぞれ仮想通貨取引の頻度が違うので、スタイルによって適したものを選ぶのが良いと思います。

 

だい吉
あとは複数のウォレットタイプを使い分けるなど!

 

トラオくん
使い分けが一番いいかも知れないですね!

 

セキュリティよりも送金や売買の利便性重視
・ウェブウォレット
・ソフトウェアウォレット

 

とにかくセキュリティを重視
・ハードウェアウォレット
・コールドウォレット

 

皆さんの大事な資産がハッキングなどの被害にあわない事を願っております。