うわ、〇〇万円セルフゴックスした…

このような発言が掲示板やTwitterで時折呟かれていますが、そもそもセルフゴックスとは何を表す言葉なのかを説明したいと思います。

 

だい吉
セルフゴックスの原因と対策についてもお話したいと思います。

 

 

そもそもセルフゴックスとは

セルフゴックスで落ち込む

 

セルフゴックス(Self GOX)とは、自身の不手際で仮想通貨資産を失う自滅行為の事を表します。

 

この言葉が仮想通貨界隈で流行っている背景には、2011年6月19日に発生したマウントゴックス事件があります。

 

この事件では、仮想通貨取引所であったマウントゴックス社がサイバー攻撃を受け、ハッキング被害によって約75万BTC(当時のレートで約480億円)が消失しました。

 

この事件をきっかけに仮想通貨を消失する事を「GOXする」と言われるようになりました。

 

このGOXする(消失する)とSelf(自身)が合わさって、自身の不手際で仮想通貨を失う言葉として使われています。

 

セルフゴックスが起きる原因と対策

ここからはセルフゴックスが起きてしまう原因を3つパターンに分けて説明したいと思います。

 

トラオくん
実際セルフゴックスって良く起きるものなんですか?

 

だい吉
気を付ければ避けられるものだよ!

 

だい吉
でもビットコインの約20%はセルフゴックスなどが原因で行方不明だと言われているぐらいに多いみたい。

 

トラオくん
約20%って約430万枚なので、1BTC=50万でも2兆円ぐらいありますね…

 

秘密鍵(パスワード)忘れで起こるセルフゴックス

鍵

 

こちらは王道のセルフゴックスで、仮想通貨ウォレットの秘密鍵(パスワード)を忘れることによって仮想通貨を失うことになります。

 

秘密鍵を自分で管理するタイプの仮想通貨ウォレットを使っている人は、秘密鍵を忘れた時点で、仮想通貨の引出や送金が絶対に出来なくなります。

 

コールドウォレットと呼ばれるウォレットは、オフラインで保管することによって最もセキュリティ面で良いですが、唯一セルフゴックスで仮想通貨を失う可能性があります。

 

一般的に紙やUSBメモリ内で保管しますが、紙やUSBの消失、水没や色あせ等でセルフゴックスする危険性があります。

 

対策は言うまでもない程、シンプルなものとなっています。

 

セルフゴックス対策
・秘密鍵を複数バックアップしておく

 

送金アドレス記入ミスで起きるセルフゴックス

送金絡みでのセルフゴックスは二種類あります。

 

・ウォレットの種類を間違える
・送金アドレスを間違える

 

先ずは、ウォレットの種類を間違えるケースから説明しますが、仮想通貨は各通貨で決まったウォレットで保管する必要があります。

 

例えば、ビットコインをイーサリアムウォレットで保管することは出来ない仕様となっています。

 

仮にイーサリアム用アドレスにビットコインを送金した場合、ビットコインはGOXしてしまいます。

 

次に送金アドレスの間違いから起きるセルフゴックスですが、これは単純に送金先アドレスを一文字でも間違えてしまうことで起きてしまいます。

 

仮想通貨を自身のアカウントの取引所間で移動させる時やICO参加時に注意が必要です。

 

私自身、手数料が安い国内仮想通貨取引所で購入し、海外取引所に仮想通貨を移すことが多々ありますが、非常に気を付けて送金を行っています。

 

下記画像は取引所のビットコインを受け取る時の画面ですが、送金元と送金先のアドレスが一致しているかはしっかり確認しています。

取引所のビットコイン預入画面

 

当たり前のことですが、疲れている時やお酒が入っている時などに人は思いもよらないミスをするので、気を付ける必要があります。

 

送金ミス対策

・どの仮想通貨用のウォレットか確認をする

・送金時に送金先と送金元に表示されているアドレスの最初と最後の文字が一致しているか確認する

・新しいアドレスに送金するときは少額でテスト送金を行う

 

二段階認証用のスマホ紛失

結論からお伝えすると、国内仮想通貨取引所を使用していて、二段階認証関連でログインできない状況になっても取引所が助けてくれます。

 

仮想通貨取引所では、仮想通貨口座へのログインや送金などを行う時に二段階認証という設定を推奨しており、スマートフォンのアプリで数秒間だけ有効なパスワードを発行する仕組みを指します。

 

発行されたパスワードを使用してログイン等を行うことになりますが、二段階認証アプリを入れているスマホ端末を水没や破損によって操作できなくなったり、機種変更をしてしまって操作できなくなるケースを耳にします。

 

このような状況になった場合は、取引所にメール連絡をして身分証明などを行う事によって、二段階認証を解除してもらうことが出来ます。

 

資産を失うわけでは無いですが、このようなケースになると面倒なので事前に対策をしておくことをオススメします。

 

二段階認証設定時には、QRコード、及びバックアップ番号が発行されるので、これをしっかりとオフライン保存しておきましょう。

 

セルフゴックスしたら税金はどうなる

スマホ注意喚起

これは少し複雑なケースですが、税金に充てる予定であった仮想通貨をセルフゴックスした場合のお話です。

 

もちろん、セルフゴックスした場合でも税金を支払う義務は発生します。

 

どのようなケースでそのような事態に陥りますか?

 

仮に仮想通貨取引所で「売買を繰り返して利益を得て」一部をウォレットに保管してセルフゴックスをするパターンですね。

 

確かにそれであれば「買って売って利益を得た」事実があるので税金の対象になりますね…

 

このようなケースに陥らないようにするには、トレード(売買)で得た仮想通貨の全てを一つのウォレットに保存しないようにする、又は獲得した利益の税金分を日本円にしておくことだと思います。

 

一番シンプルなのはウォレットに保管する分は、購入してから売買をせずに保管することです。