暗号通貨取引所を手数料とスプレッドで比較したランキング

 

暗号資産を購入する時に手数料やスプレッドによって、売り買いを行うだけで大分マイナスになってしまうことがあります。

本ページでは、売買によって大事な投資金を減らさないために、手数料とスプレッドで優位性がある暗号資産取引所をランキング形式でご紹介します。

 

暗号資産取引所を選ぶ時のポイント

重要なポイント

 

先ず初めに暗号資産取引所を選ぶときに考えるべきことをお伝えしたいと思います。

 

だい吉
大事な事なので冒頭でお伝えします!

 

暗号資産取引所を開設するときは、目的別に取引所を選ぶ必要があります。

 

ポイントとしては以下の通りとなります。

 

重要なポイント

 

このように暗号資産取引といっても目的によって最適の取引所が異なります。

 

暗号資産取引所を選ぶ時は、これらを明確化して目的にあった取引所を開設することをオススメします。

 

だい吉
ここでは短期売買を行う人向けに手数料が安い暗号資産取引所をお伝えします!

 

トラオくん
1.短期売買を行う人向けですね!

 

手数料とスプレッドの違い

二つの違い

 

暗号資産取引所では、手数料無料キャンペーンなどが実施されていますが、これにより暗号資産を購入するときに一切取引所の仲介手数料が発生していないわけではありません。

 

投資家が暗号資産を買ったり売ったりする場合にスプレッドが広いと手数料と同じように差額を支払うことになります。

 

手数料 = 暗号資産を購入する行為自体に発生する取引所の報酬

スプレッド = 暗号資産の買値(ASK)と売値(BID)の差額

 

ビットコインを例として説明していきます。

 

取引所のビットコイン(BTC)が下記価格の場合のスプレッドを求めます。

 

買値(ASK):750,000JPY
売値(BID)::745,000JPY

 

スプレッド:5,000JPY

 

このように取引所では買値と売値が異なる為、仮に上記条件で購入後にすぐに売却した場合、投資家は5,000JPY失うことになります。

 

つまり手数料は無料でもユーザー側は実質的にスプレッドによって購入時に手数料を支払っていることになります。

 

暗号資産取引所ではこのスプレッドを収益として運営しています。

 

このスプレッドは、「広い」「狭い」という表現で言われることが多いです。

 

スプレッドが広い = 買値と売値の差額が大きい

スプレッドが狭い = 買値と売値の差額が小さい

 

スプレッドは暗号資産取引所によって大きく異なります。

 

更には通貨銘柄や相場状況によっても変わってくるので、暗号資産を取引する時にチェックする必要があります。

 

チェックする方法としては、Bitcoin相場in日本というWebサイトが非常に便利です。

 

ポイント

・スプレッドは、ユーザー側が支払う実質的手数料

・スプレッドは取引所や通貨銘柄、相場状況によって異なる

 

販売所より取引所の方がスプレッドは小さい?

暗号資産を販売している業者には取引所と販売所があり、この二つの販売体系によってスプレッドは異なります。

 

販売所と取引所の違い

販売所:販売所と売買を行う場所

取引所:個人間(ユーザー)で売買を行う場所

 

一般的には両方とも暗号資産取引所と言われているので、調べてみないと分からない点です。

 

販売所について詳しく知ろう

販売所とは、販売を行っている運営会社と売買を行う場所となります。

 

つまり販売所が保有している暗号資産を販売所が決めた価格で、ユーザーは買ったり、売ったりすることになります。

 

この販売所の形態は、売買方法が簡単で分かりやすく、販売所で提示されている価格で必ず売買が成立します。

 

しかし、販売所では取引所と比べてスプレッドが広く設けられているケースが殆どなので、暗号資産を購入する時は割高となるケースが殆どです。

 

取引所について詳しく知ろう

取引所は、暗号資産を保有するユーザー同士(個人間)が売買を行う場所となります。

 

取引所では、以下のような取引板と呼ばれる価格が記載されているものを使用して売買を行います。

 

bitbank取引板画面

 

※参考元Bitbank取引所(10月22日のある時点)

 

赤枠で囲われている部分が最もスプレッドが少ない部分ですが、スプレッドは162円となります。

 

ほぼ同時刻の他の販売所でのビットコインのスプレッドは以下の通りでした。

 

販売所の価格表示例

 

この時のスプレッドは17,551円となります。

 

このように販売所と比較して、取引所では基本的に狭いスプレッドで暗号資産を購入することが出来ます。

 

これは、ユーザー同士が買いたい価格と売りたい価格が合致したときに売買が成立する仕組みだからこそです。

 

しかし、取引所でのスプレッドが大きく広がる時もあります。

 

取引板は、ユーザーが指値(指定した値段)で注文を出しているものが表示されているので、取引所を使用するユーザーが少ない場合、取引板がスカスカとなり、スプレッドが広くなります。

 

オススメの暗号資産取引所

ここからは本題である手数料とスプレッドを考慮した上で、オススメの暗号資産取引所を紹介します。

 

トラオくん
待ってました!!

 

だい吉
手数料とスプレッドを重要視して厳選した取引所のみを紹介します。
3つの取引所に絞られたのでぜひチェックしてください!

 

Liquid by QUOINEX(コインエクスチェンジ)

 

Liquid by Quoine

 

販売形態 取引所
手数料 頻繁に無料キャンペーン
スプレッド 0.005%前後
取扱い通貨 BTC, ETH, XRP, LTC,
BCC, ETC, XEM, QASH

 

2017年9月に国内暗号資産取引所として初めて金融庁の認可を獲得したことで有名な取引所です。

 

元々はシンガポールで設立された暗号資産取引所で、2017年に本社を日本に移した会社でベトナムにもオフィスを構えています。

 

グローバルに展開していることもあり、日本円以外にも非常に多くの法定通貨にも対応しています。

 

その為、取引所での流動性が高く、スプレッドが最も狭い暗号資産取引所といえます。

 

日本円 人民元
USドル フィリピンペソ
ユーロ 豪ドル
シンガポールドル 香港ドル
インドネシアルピア

 

頻繁に手数料無料キャンペーンも実施している為、暗号資産を購入する上では最も安く購入できる暗号資産取引所だと判断しました。

 

取り扱っている暗号資産についても、8種類と国内暗号資産取引所の中では非常に多い部類に入ります。

 

Bitbank(ビットバンク)

 

bitbank

 

販売形態 取引所
手数料 頻繁に無料キャンペーン
スプレッド 0.06%前後
取扱い通貨 BTC, ETH, XRP,
LTC, BCC, MONA

 

Bitbankは、圧倒的なスプレッドの狭さに加えて手数料無料キャンペーンも頻繁に実施している暗号資産取引所です。

 

セキュリティ面においても2018年10月に第三者機関であるICO Ratingから国内No.1の評価を得たことも有り、しっかりとした管理体制の元、暗号資産を取り扱っている会社です。

 

QUOINEXとのスプレッドの差は、誤差の範囲ともいえる水準なので、セキュリティ面も意識するという方にはBitbankもオススメです。
※Liquid by QUOINEXもセキュリティ面で良い取引所です。

 

取り扱っている暗号資産については、Liquid by QUOINEXには及ばないものの、国内取引所で扱われている主要銘柄はしっかりと抑えています。

 

 

BITPoint(ビットポイント)

 

BITPOINT

 

販売形態 取引所
手数料 頻繁に無料キャンペーン
スプレッド 0.2%前後
取扱い通貨 BTC, ETH, BCC, LTC, XRP

 

元サッカー日本代表の本田圭佑氏を広告塔として活動し、知名度が一気に上がった暗号資産取引所です。

 

BITPointもこれまで紹介した取引所と同じく手数料無料キャンペーンが頻繁に実施されています。

 

スプレッドについては、Liquid by QUOINEXとBitbankと比較すると若干広い傾向がありますが、他の取引所と比較すると圧倒的に狭い部類に入ります。

 

取扱っている暗号資産銘柄については、王道の通貨を揃えていると言ったところでしょう。

 

 

暗号資産を購入する際に仲介費用を抑える方法をお分かりいただけたでしょうか?

 

手数料だけでなく、スプレッドについてもしっかり確認することが重要です。

 

本ページでご紹介した暗号資産取引所は、セキュリティ面でも安心できる暗号資産取引所となっています。