2018年1月に起きたコインチェックハッキング事件以後、仮想通貨の購入にはセキュリティ面を重要視する人が増えているかと思います。

 

当ページではセキュリティ面を重視する人向けに、国内仮想通貨取引所をランキング形式でまとめてみました。

 

仮想通貨取引所を選ぶポイント

だい吉
先ず初めに仮想通貨取引所を選ぶ際に考えるべきことをお伝えします。

 

仮想通貨取引所を開設するときは、目的別に取引所を選ぶ必要があります。

 

ポイントとしては以下の通りとなります。

 

 

このように仮想通貨取引といっても様々な目的があるかと思います。

 

仮想通貨取引所を選ぶ時は、これらを明確化して目的にあった取引所を開設することをオススメします。

 

だい吉
ここではセキュリティ面で信頼性が高い仮想通貨取引所をお伝えします!

 

トラオくん
1.長期間仮想通貨を取引所に保管する人向けですね!

 

取引所のセキュリティを計る重要なポイント
・運営会社の信頼性
金融庁の認可 経営基盤 運営年数 株主構成 資本金等
・仮想通貨の保管方法
コールドウォレット
・マルチシグネチャ搭載可否
・第三者機関からの評価

 

だい吉
これら4つのポイントを確認することで、セキュリティ面が充実しているかが計れます。

 

セキュリティが高く安全性が高い仮想通貨取引所

 

だい吉
本題であるセキュリティ面を重視したランキングをお届けしたいと思います。

 

トラオくん
宜しくお願いします。

 

※セキュリティに100%安全はありません。本記事のランキングは安全性を保証するものではありません。

 

《1位》GMOコイン (ジーエムオー)



 

会社の信頼性 東証一部上場企業の子会社
通貨保管方法 即時送付に必要な量のみ
マルチシグ コールドウォレット内のみ
第三者機関評価 不明
取扱い通貨 BTC, BCC, ETH, LTC, XRP

 

ポイント

・東証一部上場企業で巨大企業であるGMOグループの取引所

・送金分以外をコールドウォレット保管

・コールドウォレット分にマルチシグをしっかり採用

 

GMOコインでは、暗号通貨のセキュリティ面で重要視されるコールドウォレットとマルチシグをしっかりと活用しているので、セキュリティ面で安心が出来る国内仮想通貨取引所です。

 

最も際立つ点としては、東証一部上場企業であるGMOインターネットを親会社としている為、コールドウォレットやマルチシグに加えて、インターネット事業を行っている親会社のサーバーセキュリティや情報管理のノウハウを活かせる強みがあります。

 

大手企業の子会社の場合、問題が発生した時に資金面での企業体力が強いことも安心できる材料になるかと思います。

 

GMOグループでは、FXや証券を扱うGMOクリック証券も運営している為、元々金融サービスの運営も行っています。

 

 

《2位》Bitbank (ビットバンク)

bitbank

 

会社の信頼性 株主に一部上場企業有り
通貨保管方法 全通貨コールドウォレット
マルチシグ 5通貨対応 (ETH除く)
第三者機関評価 ICO Ratingより国内No.1評価
取扱い通貨 BTC, ETH, XRP, LTC, BCC, MONA

 

ポイント

・全通貨をコールドウォレットで保管

・マルチシグ対応でネット外の攻撃へも対策

・取引手数料無料キャンペーンなどが頻繁に実施されている

 

Bitbankでは全通貨をコールドウォレットで保管しています。CoincheckやZaifで起きたサイバー攻撃による顧客資産の盗難は、顧客資産ホットウォレットで保管していたことが一番の原因でした。

 

その点、Bitbankでの全通貨コールドウォレット保管は非常に信頼できる管理方法です。

 

マルチシグ対応については、全通貨対応ではないですが十分なセキュリティ体制だと思われます。

 

2018年10月に行われたICO Ratingによる世界の仮想通貨取引所のセキュリティ評価ランキングにおいて22位に位置付けられました。国内仮想通貨取引所の中ではトップ評価を得たことになります。

 

このような第三者機関から良い評価を得るという事は非常に素晴らしい事です!

 

 

《3位》Liquid by QUOINEX (コインエクスチェンジ)

 

Liquid by Quoine

会社の信頼性 2017年9月に初の金融庁認可獲得
通貨保管方法 全通貨コールドウォレット
マルチシグ 全通貨対応
第三者機関評価 特に無し
取扱い通貨 BTC, ETH, XRP, LTC,
BCC,ETC, XEM, QASH

 

ポイント

・全通貨コールドウォレット保管

・全通貨マルチシグ対応

・セキュリティが高い取引所では取扱い通貨が豊富

・QASHトークン無料配布キャンペーンが頻繁に行われている

 

2017年9月に国内仮想通貨取引所として初めて金融庁の認可を獲得したことで有名な取引所です。

 

元々はシンガポールで設立された仮想通貨取引所で、2017年に本社を日本に移した会社でベトナムにもオフィスを構えています。

 

仮想通貨の保管方法については、全通貨コールドウォレット保管でマルチシグ対応しているので申し分ないセキュリティ意識です。

 

国内仮想通貨取引所の中では、取扱い通貨も豊富なので色々な通貨を購入しておきたい人にはオススメです。

 

日本の厳しい金融庁の認可を獲得したので問題はないかと思いますが、会社情報の少なさと第三者機関からの評価を得ていないので第三位としました。

 

《4位》BitFlyer (ビットフライヤー)

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

会社の信頼性 株主に大手企業関連多数
通貨保管方法 ビットコインの80%以上をコールドウォレット
マルチシグ 完全対応
第三者機関評価 Sqreenによる格付けで世界一位
取扱い通貨 BTC, ETH, ETC
LTC, BCC, MONA, LISK

 

ポイント

・Sqreenによる格付けで世界一位を獲得

・大手企業関連会社が株主に多数存在

・高セキュリティ会社の中では豊富な取扱い通貨

 

ウェブアプリケーション向けにセキュリティ提案を行っているアメリカのSqreen社が世界140の仮想通貨取引所を対象に行ったセキュリティ調査で世界一の評価を得た実績があります。(2018年1月)

 

更に株主にも大手企業関連が顔を揃えており、しっかりとした経営体制の元、運用されていると思われます。

 

下記表は株式会社BitFlyer Holdingsの株主構成となります。

 

 

BitFlyer株主構成 関連会社
株式会社ベンチャーラボインベストメント 独立系
インキュベイトファンド 独立系
SBI Investment SBIホールディングス
三菱UFJキャピタル株式会社 三菱UFJ銀行
三井住友海上キャピタル株式会社 三井住友海上
Gigitl Currency Group 独立系
合同会社RSPファンド5号 リクルート
電通デジタルホールディングス 電通
East Ventures アーリーステージ
GMO VenturePartners株式会社 GMOインターネット
GMO Payment Gateway GMOインターネット
株式会社QUICK 日本経済新聞社

 

金融系企業がずらりと揃っている印象です。

 

仮想通貨取引所としては、競合のSBIやGMOも株主として参加しています。

 

セキュリティ面で安心できる国内の仮想通貨取引所としては、取扱い通貨も多いため使いやすい取引所の一つです。

 

 

《5位》Bit Point (ビットポイント)

BITPOINT

 

会社の信頼性 ㈱リミックスポイントの子会社
通貨保管方法 自社開発ウォレット
マルチシグ 複数通貨対応
第三者機関評価 I.S.RatingよりA評価
取扱い通貨 BTC, ETH, BCC, LTC, XRP

 

ポイント

・I.S.Ratingよりセキュリティ面でA評価を獲得

・東証二部上場企業の㈱リミックスポイントの子会社

・取引手数料無料キャンペーンなどを頻繁に実施

 

元サッカー日本代表の本田圭佑氏を広告塔として活動し知名度が一気にあがった仮想通貨取引所です。

 

BITPointはセキュリティ格付け会社よりA評価を獲得している点が非常に安心感を与えています。

 

I.S.RatingでのA評価は、「金融・証券情報」「重要インフラの運用に関わる重大な情報」を扱う会社への与えられる評価です。

 

I.S.Ratingでは富士通や大日本印刷などの大手企業の格付け実績がある会社なので、信用性も高いかと思います。

 

I.S.Ratingの資産重要度説明

 

経営体制も東証二部上場企業である株式会社リミックスポイントの子会社なので、会社の信頼性も高い取引所です。

 

唯一ウォレットが自社開発ウォレットという記載となっており、コールドウォレットとは異なる仕様なのでどのくらいのセキュリティの高さなのか懸念があります。

 

しかし、I.S.Ratingからの評価があるので、懸念点は払しょくできるかと思います。

 

 

取引所を分散する事がオススメ

ここまでセキュリティ面を重視した取引所ランキングを紹介しましたがいかがでしょうか?

 

私としては本ページで紹介した全ての取引所は、他の仮想通貨取引所と比較して安全性が高いと思っております。

 

しかし、全ての仮想通貨取引所は常にサイバー攻撃などの標的となっている為、一つの取引所に全資産を置いておくのは非常に危険だと考えています。

 

私自身もいくつもの仮想通貨取引所に資産を分散しているので、ぜひとも取引所分散をオススメします。

 

今回ご紹介した取引所を下記にまとめました。

 

 

取引所名 会社の信頼性 コールドウォレット マルチシグ 通貨数 手数料
GMOコイン 5
Bitbank 6
Liquid by QUONIEX 8
Bitflyer 7
BITPOINT 5

 

取引所に置く資産を分散する際は、各取引所のメールアドレスとパスワードを全て別のものにすることをお勧めします。

 

仮に一つのアドレスにしていてアカウントを盗まれた場合、犯人は他の取引所でも同様のメールアドレスとパスワードを試す可能性が非常に高い為です。

 

ウォレットでの保管をオススメ

 

仮想通貨のベストな保管の仕方は自身でコールドウォレット保管することです。

 

これによりあなた自身がハードウェアウォレットとパスワードを紛失しなければ仮想通貨が盗難にある可能性は極めて低くなります。

 

トラオくん
怖いのはセルフゴックスぐらいですね…

 

だい吉
セルフゴックスは一番気を付けないとね…

 

過去に発生した仮想通貨取引所ハッキング事件

これまでに多くの取引所で仮想通貨のハッキング事件が起きました。

 

代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

 

マウントゴックス事件

おそらく最も有名な仮想通貨ハッキング事件かと思います。2014年当時、世界最大のビットコイン交換所のマウントゴックス社で起きたビットコイン消失事件です。顧客資産約500億円と自社保有の10万BTCを消失しました。

 

一部の消失BTCは外部からのハッキングで盗難されましたが、大部分は内部の人間が顧客資産を持ち逃げしたと言われています。

 

この事件をきっかけに仮想通貨を消失することを「GOXする」と言われるようになりました。

 

コインチェック事件

2018年1月26日にコインチェックから約580億円相当のXEMが盗難にあった事件です。この事件をきっかけに日本では仮想通貨の存在が幅広く世に知れ渡ったかと思います。

 

このハッキング事件の原因は、XEMをホットウォレットで保管していたことにあったとされています。更にはマルチシグもビットコイン以外には採用していなかったそうです。

 

仮想通貨市場が最も盛り上がっていた時に発生した事件だったので、市場全体がセキュリティ面を意識する上では良いきっかけだったと言えるかも知れません。

 

この事件により、金融事業を展開するマネックスグループがコインチェックを完全子会社化しました。

 

ZAIFハッキング事件

2018年9月に仮想通貨取引所ZAIFで発生したハッキング事件で、合計67億円相当のビットコインとモナコイン、ビットコインキャッシュの盗難にありました。

 

日本国内で仮想通貨のセキュリティ強化が促進されている中、再度ホットウォレット保管を行っていたことに起因した事件でした。

 

これにより株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社がZAIF(テックビューロ)を買収し、顧客資産を返金することになりました。

 

オススメの仮想通貨取引所まとめ

これまで安全な仮想通貨取引所と安全な保管方法を紹介してきましたが、皆さんいかがでしたか?

 

当サイトを通じて、ご自身の目的に合った仮想通貨取引所を開設頂けたら非常に嬉しく思います。

 

仮想通貨の保管方法について、取引所とウォレットでの保管について解説しましたが、それぞれの保管方法に存在するリスクを以下の通りまとめました。

 

仮想通貨取引所でのリスク

・取引所のハッキング被害による仮想通貨喪失

・取引所の経営破綻などによるリスク

・個人情報漏洩

 

コールドウォレットでのリスク

・ウォレットの紛失、及びパスワードの紛失

・送金時のセルフゴックス

 

このとおり仮想通貨の保管において100%安全な方法はないですが、可能な限りリスクを抑えて取引所行いましょう。

 

やはり私としては、コールドウォレットと取引所分散で保管することが最もリスクを下げる方法だと思うのでオススメします。

 

※投資は自己責任でお願いします。

※本ページ記載のランキング等は、当サイト運営者が周辺情報を整理して纏めた内容となります。