「2018年10月」の記事一覧

おすすめの暗号資産ウォレット/種類別にセキュリティ面を解説

暗号資産
ビットコインと鍵のアイキャッチ画像

暗号資産のハッキング事件が頻繁に起きており、投資家は資産を守る方法を考える必要性が増してきています。本ページでは、暗号資産ウォレットの種類からそれぞれのウォレットの特徴を解説します。暗号資産取引の方法や頻度によって適切なウォレットが異なるので、自身のケースに合った暗号資産ウォレットを選ぶようにしましょう。

セルフゴックスの意味とは/暗号資産を失ったら税金はどうなるのか

暗号資産
セルフゴックスで落ち込むアイキャッチ画像

暗号資産界隈で頻繁に使われるセルフゴックスという言葉について、その原因と対策を詳しく解説します。セルフゴックスとは自身の不手際で暗号資産資産を失う事を意味します。原因としては、ウォレットの秘密鍵を忘れてしまう事や送金時に送金先を間違えてしまうケースなどがあります。

暗号資産のAI自動売買ツールは詐欺が多いのか/投資詐欺

暗号資産
AIによる操作のアイキャッチ画像

暗号資産界隈では、AIや人工知能という言葉を使い自動売買ツールを販売する業者が多く存在します。一般企業、又は個人が販売する自動売買ツールは99.9%が詐欺です。本記事では詐欺が多い理由を解説します。ほったらかしで永久的に〇〇%の利益が出るなどの謳い文句で販売されているものがありますが、殆どの確率で損失が出ます。

暗号資産のレバレッジ取引にオススメの取引所ランキング

取引所
暗号資産の買いと空売り

暗号資産のレバレッジ取引を行う上でオススメの暗号資産取引所を紹介しています。暗号資産取引所を選ぶ際は、目的別に考える必要があります。現物を購入するのか、又はレバレッジ取引を行うかで最適な取引所が変わってきます。当サイトではレバレッジ取引目的の場合、追証なしでゼロカットシステムを導入しているかを最も重要な点としています。

RippleNetとは何か/xRapid・xVia・xCurrentなどリップル(XRP)の仕組みを徹底解説

アルトコイン情報
XRPロゴアイキャッチ画像

暗号資産界で有名なリップル(XRP)について基本的な情報から特徴を解説します。リップルは安価でリアルタイムな国際送金サービスを実現するために独自のRippleNetという金融システムを提供しており、xRapidやxCurrent、xViaという三つのシステムで構成されています。

暗号資産ZIP(Zipper)の買い方や特徴 / 取扱い取引所紹介

アルトコイン情報
ZIPロゴアイキャッチ画像

暗号資産ZIP(Zipper)の基本情報から特徴、買い方まで解説します。ZIPは中国版XRP(リップル)として知名度を上げている中国企業始動の暗号資産で、特徴としてはマルチブロックチェーンや独自ウォレットを用いて異なる暗号資産の交換を可能とします。毎秒トランザクション数が500,000件という驚異的な数値で有名です。

ページの先頭へ